卓球王国 2022年5月20日 発売 vol.302
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

残る2枠は石川と木原。強さを見せて準決勝へと進出

 女子準々決勝、残り2試合が終了し、石川佳純(全農)、木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)が決勝進出を決めた。

●女子シングルス準々決勝

木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) 8、10、12、6 平侑里香(サンリツ)

石川佳純(全農) 10、-1、7、8、6 横井咲桜(四天王寺高)

 石川は今大会快進撃を続けている横井咲桜と対戦。1ゲーム目のスタートから横井のサービス、上から叩き付けるような両ハンドの連打に苦しみリードを許す。しかし、そこから追い上げると、横井のゲームポイントをしのいで1ゲーム目を石川が奪う。2ゲーム目は横井が6本連取、5本連取で取り返したが、3ゲーム目以降は石川が本領発揮。それまで苦しんだフォアを突く横井のバックドライブにも対応し始め、読みを外すサービス・レシーブ、緩急で得点を重ねる。試合を通じて先手を奪うのは横井のほうが多かった印象だが、石川が「受けて勝つ」、横綱相撲で準決勝へと駒を進めた。

「横綱相撲」で横井を4−1で下した石川

 横井は1ゲーム目、石川に追い上げられた8-7の場面でタイムアウトを使い、一時はゲームポイントを奪ったが、このゲームを落としたことが痛かったか。敗れはしたが、アグレッシブなプレーで高校の同期・大藤沙月に負けじと存在感を見せた。

初の一般出場でベスト8に躍進した横井

 もう一方の試合は、右シェーク速攻型同士の対戦。ともに得意のサービスで主導権を奪い合う展開で、点差が離れず試合が進んだが、ボールの威力とラリーでの強さで上回る木原がストレートで勝利。2年ぶりの準決勝進出を決めた。木原は打球音に迫力が増し、攻撃力のアップが感じられる。平野美宇(日本生命)に完勝した昨日の試合をはじめ、打ち合いでの強さを見せているが、百戦錬磨の石川にどう挑むか注目だ。

木原美悠、異質攻撃型同士の叩き合いを4−0で制す

 6回戦で勝利し、ベスト8入りを決めてうれし涙を見せた平侑里香だったが、準決勝進出はならず。木原のサービスに最後まで苦しみ、その焦りもあったか、ラリーでのミスが目立った。2、3ゲーム目は10-9でゲームポイントを握りながら、あと1点が取れなかった。

日本リーグ屈指の実力者・平はベスト8