卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

【卓球】チェコパラオープン、友野有理が優勝。日本はメダル7個獲得。

6月23〜25日にチェコ・オストラヴァでITTFチェコ・パラオープンが開催され、女子シングルスクラス8で友野有理が優勝を果たした。友野は予選リーグを1位で通過し、ゲームオールとなった準決勝、決勝ともに2ゲーム先取後に追いつかれ苦しい展開となったが、最終ゲームを制し栄冠に輝いた。また、岩渕幸洋との混合ダブルスでも3位に入った。

女子シングルスクラス8で優勝の友野有理

 

また、女子シングルスクラス4には国際大会初出場の16歳・宮崎恵菜が出場し3位入賞を果たした。宮崎は別所との女子ダブルスでも3位と初出場にして2つのメダルを手にした。

初出場でメダル2つを獲得した宮崎恵菜

今大会、日本は金メダル1つ、銅メダル6つの計7つのメダルを獲得した。

 

★ITTFチェコ・パラオープン日本選手上位記録

〈男子シングルス〉

●クラス5:3位 土井健太郎

〈女子シングルス〉

●クラス4:3位:宮崎恵菜

●クラス5:3位:別所キミヱ

●クラス8:優勝 友野有理

●クラス10:3位 山崎玉乃

〈女子ダブルス〉

●クラスWD10:3位 別所キミヱ/宮崎恵菜

〈混合ダブルス〉

●クラスXD17:3位 岩渕幸洋/友野有理

今大会のメダル獲得選手 (上左から時計回りに山崎、友野、岩渕、宮崎、土井、別所)

 

写真提供:日本肢体不自由者卓球協会

 

 

 

関連する記事