卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

第90回ドイツ選手権でチウ・ダンが2冠。ドゥダとの男子ダブルスでは新記録の5連覇も達成

 ドイツ・ザールブリュッケンで6月25・26日の2日にかけて第90回ドイツ選手権が開催され、男子シングルスでチウ・ダン、女子シングルスではヴィンターが優勝を果たした。

 

【男子シングルス】

優勝:チウ・ダン

準優勝:ドゥダ

3位:ブルーム、メンゲル

●決勝

チウ・ダン 6、5、4、-3、7 ドゥダ

 

【女子シングルス】

優勝:ヴィンター

準優勝:ハン・イン

3位:ワン・ユアン、カウフマン

●決勝

ヴィンター -9、3、7、-7、2、10 ハン・イン

 

【男子ダブルス】

優勝:チウ・ダン/ドゥダ

準優勝:エンゲマン/ファディエフ

3位:ダンツァー/ホロ、メイスナー/エーメ

●決勝

チウ・ダン/ドゥダ 4、4、8 エンゲマン/ファディエフ

 

【女子ダブルス】

優勝:マンツ/ワン・ユアン

準優勝:カウフマン/シュライナー

3位:クレイマー/ヴィンター、ボンダレバ/クレー

●決勝

マンツ/ワン・ユアン 8、9、7 カウフマン/シュライナー

 

【混合ダブルス】

優勝:メイスナー/ワン・ユアン

準優勝:ムン・ファンボー/マンツ

3位:ブルーム/ラッケンマイヤー、ヒップラー/シュライナー

●決勝

メイスナー/ワン・ユアン 7、5、6 ムン・ファンボー/マンツ

 

 シングルスを制したチウ・ダン、ヴィンターはともに初のドイツ選手権優勝。チウ・ダンはドゥダとの男子ダブルスでも5連覇を達成し、1989年世界選手権優勝ペアのロスコフ/フェッツナーの4連覇を抜いて新記録を打ち立てた。また、ダブルス種目ではワン・ユアンが女子と混合で2冠。ワン・ユアンは女子シングルスでも3位となり、出場全種目でメダルを手にした。

 男子シングルスにはオフチャロフも出場したが、体調不良により1回戦勝利後に棄権となった。歴代最多の13回の優勝を誇るボルは2019年大会の優勝を最後にドイツ選手権への参加を見送っている。

単複2冠を達成したチウ・ダン(写真は2021年世界選手権)

関連する記事