卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

Tリーグ個人戦、張本が戸上に勝ち、ベスト4.伊藤美誠は芝田に最終ゲームジュースで敗北

Tリーグ ノジマカップ(個人戦)の男子準々決勝で吉村が丹羽を4−2で下し、準決勝に駒を進めた。吉村は丹羽の前陣の攻守を両ハンドのドライブで見事に攻略した。高校生の吉山(岡山リベッツ・愛工大名電高)は前全日本チャンピオンの宇田をストレートで下し、完勝。

全日本チャンピオンの戸上は世界4位の張本と対決。前中陣での切り合うような打ち合いで試合は最終ゲームまでもつれ、8−8から張本が3本連取し、準決勝進出を決めた。森薗は横谷に逆転勝ちし、ベスト4を決めた。

戸上のコメント「自分の長所を出させない張本選手の戦術も良かったが、それに対応できない自分もまだまだです。サービスやレシーブをちらしていく中で、相手も同じようにやってくるし、最後強気で決められたのは悔しいこと」

張本のコメント「相手試合ができることが嬉しい。(最終ゲームはリードされていたが、7−7に追いついたときには流れが自分に来ていると感じました」

 

大激戦の末に戸上を破った張本

 

●男子準々決勝

森薗政崇(岡山リベッツ)−9、7、7,−10、−11、7、8  横谷晟(木下マイスター東京)

吉村真晴(琉球アスティーダ)9、−5、8、−4、10、5  丹羽孝希(岡山リベッツ)

張本智和(琉球アスティーダ)−5、5、4、−6、−6、3、8 戸上隼輔(明治大)

吉山僚一(岡山リベッツ)9,4、3、7 宇田幸矢(明治大)

 

落ち着いて戦術を実行し、伊藤を攻略した芝田

 

木原は森に1−3でゲームをリードされたが、5ゲーム目のジュースを取り、流れをつかみ、逆転勝ち。平野は橋本のカットをミスなく攻めストレートで下し、ベスト4入り。早田は安藤に対し、危なげない試合で4−1で勝利。

伊藤と芝田は出足から打撃戦を展開し、最終ゲームまでもつれ込み、伊藤が10−9先にマッチポイントをとったが、芝田がジュースに持ち込み、最後は13−11で芝田が勝利し、準決勝進出を決めた。

●女子準々決勝

木原美悠(木下アビエル神奈川) −2、−6、7、−6、10、5、8 森さくら(日本生命レッドエルフ)

芝田沙季(日本ペイントマレッツ)−7、2、10、−6、−7、6、11  伊藤美誠(スターツ)

平野美宇(木下アビエル神奈川) 4、6、10、6 橋本帆乃香(日本ペイントマレッツ)

早田ひな(日本生命レッドエルフ) 5、−9、6、4、5  安藤みなみ(トップおとめピンポンズ名古屋)

関連する記事