卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

WTTコンテンダー アルマトイ大会、早田らが中国勢下し2回戦へ

9月13〜18日にかけて、カザフスタンで開催されているWTTコンテンダー アルマトイ大会。日本からは宇田幸矢(明治大)、篠塚大登(愛知工業大)、丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)、早田ひな(日本生命)、平野美宇(木下グループ)ら5名が男女シングルス、女子ダブルスに出場。

シングルスのみの出場となる男子は、丹羽、篠塚がそれぞれ廖振珽(チャイニーズタイペイ)、李尚洙(韓国)に勝利し、決勝トーナメント1回戦を突破した。本日行われる2回戦では、丹羽が中国の若手・陳垣宇、篠塚がワン・ヤン(スロバキア)と対戦する。

一方女子シングルスでは、早田(上写真/WTTチャンピオン ヨーロッパ夏季シリーズより)、平野が中国勢を破り2回戦進出。早田は、先月行われたWTTフィーダー オロモウツ大会で優勝するなど力をつけている銭天一(中国)にストレートで勝利。平野も同じく范姝涵(中国)を寄せつけず快勝と、両者ともに好調な出足となった。本日行われる2回戦では、早田がベリストロム(スウェーデン)、平野が徐奕(中国)と対戦する。

また女子ダブルスでも早田・平野ペアが、リリー・チャン(アメリカ)/バラゾバ(スロバキア)の国際ペアを3-0で破り、準々決勝へと駒を進めた。

決勝トーナメント1回戦で李尚洙(韓国)に辛勝し、2回戦へと勝ち進んだ篠塚

写真提供:WTT

 

現時点での日本勢の記録は以下の通り

〈男子シングルス〉

●予選2回戦

厳昇(中国) -7、-11、6、8、6 宇田幸矢

篠塚大登 2、8、6 クルマンガリエフ(カザフスタン)

●3回戦

篠塚大登 8、9、-9、-11、5 牛冠凱(中国)

●決勝トーナメント1回戦

篠塚大登 -6、6、-5、6、9 李尚洙(韓国)

丹羽孝希 -10、8、8、4 廖振珽(チャイニーズタイペイ)

〈女子シングルス〉

●決勝トーナメント1回戦

早田ひな 7、9、4 銭天一(中国)

平野美宇 5、10、7 范姝涵(中国)

〈女子ダブルス〉

●決勝トーナメント1回戦

平野/早田  5、5、10 リリー・チャン(アメリカ)/バラゾバ(スロバキア)

 

関連する記事