卓球王国 2021年11月20日 発売 vol.296
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツが東京五輪の男女エントリーを発表

 5月18日、DOSB(ドイツオリンピックスポーツ連盟)は、DTTB(ドイツ卓球協会)から提出された東京五輪ドイツ代表メンバーを承認。男女の団体とシングルス、混合ダブルスへのエントリーが正式に決定した。

 

【団体戦】

男子:オフチャロフ(世界ランキング9位)、ボル(同11位)、フランチスカ(同16位) ※Pカード:ドゥダ(同41位)

女子:P.ゾルヤ(世界ランキング20位)、ハン・イン(同22位)、シャン・シャオナ(同41位) ※Pカード:ミッテルハム(同39位)

 

【シングルス】

男子:オフチャロフ、ボル

女子:P.ゾルヤ、ハン・イン

 

【混合ダブルス】

フランチスカ/P.ゾルヤ

 

 男子メンバーは、世界ランキング上位3名と予想どおりの選出。オフチャロフは2008年の北京五輪から4大会連続、ボルは2000年のシドニー五輪から6大会連続での五輪出場となり、フランチスカは初の五輪出場を手にした。現在、ドイツ男子のチームランキングは中国に次ぐ2位となっており、メダル獲得を目指す日本にとっては最大のライバルとなるだろう。また、シングルスに出場するオフチャロフ、ボルもベスト8シードに入る予定であり、ベスト4シードの張本とは準決勝進出をかけて対戦する可能性も高い。

2012年のロンドン五輪ではシングルス銅メダルを獲得したオフチャロフ

6度目の五輪出場となるボルはこれまで3枚のメダルを獲得

 

 女子は団体戦で日本を破って銀メダルを獲得したリオ五輪と同じ3名で東京五輪へ挑む。P.ゾルヤ、ハン・インの選出はほぼ確定していたが、3人目はベテランのシャン・シャオナと24歳のミッテルハム、どちらが選出されるか微妙なところだった。ドイツ女子は2019年のヨーロッパ競技大会で東京五輪団体戦への出場権を獲得したが、その際はシャン・シャオナが出産から復帰して間もないこともあり、ミッテルハムが団体メンバーとして出場し、優勝に貢献。ミッテルハムは以降もコンスタントに結果を残していたが、最終的には38歳のシャン・シャオナが代表に選ばれた。

 この決定について、ドイツ女子監督のショップは「ナナ(シャン・シャオナのニックネーム)とニーナ(・ミッテルハム)の間に実力の差はない。ただ、五輪の団体戦ではダブルスが非常に重要であり、ナナとペティ(・ゾルヤ)のペアリングはチームを構成するうえで非常に大きな要素だった」とコメント。Pカード(補欠)として東京五輪に帯同するミッテルハムに対しても「ヨーロッパ競技大会での活躍は賞賛しているし、五輪でもチームにとって大きな役割を果たしてくれると期待している。多くの経験を積んでほしい」と語った。

 ドイツ女子は現在、中国、日本に次ぐチームランキング3位。まだまだ実力健在のハン・インに、アジア勢の速さにも対応できるP.ゾルヤ、そしてダブルスも強く、今回も手強い相手となることは間違いない。

シャン・シャオナはいぶし銀のテクニックを買われて選出

シングルスでも上位を狙うハン・イン

 

 また、混合ダブルスに出場するフランチスカ/P.ゾルヤも有力なメダル候補。2019年のヨーロッパ競技大会で金メダルを獲得し、ワールドツアーでも頻繁に上位に食い込んでおり、水谷/伊藤にとってはライバルペアのひとつとなるだろう。これまでの五輪8大会で、ドイツは男女合わせて7つのメダルを獲得。しかし、金メダルの獲得はなく、東京五輪で初の頂点を目指す。

2019年ヨーロッパ競技大会優勝のフランチスカ/P.ゾルヤは東京五輪でもメダル候補