卓球王国 2021年1月21日発売 vol.286
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

ジュニア女子3回戦、昨年のファイナリストは順当に4回戦へ

●ジュニア女子3回戦
大藤沙月(四天王寺高) 7、3、4 岩木仁香(横浜隼人中)
吉井亜紀(就実高) 7、10、6 香取位圭(正智深谷高)
上澤茉央(明徳義塾中・高) 11、7、10 東川陽菜(進徳女子高)
仲本七虹(希望が丘高) −7、−3、7、8、4 新井和夏葉(湘南工大附高)
野村光(桜丘高) −6、9、6、−4、9 篠原夢空(貝塚第二中)
張本美和(木下グループ) −8、3、9、7 伊藤詩菜(ミキハウスJSC)
青井さくら(明徳義塾中・高) 9、6、−8、4 鶴岡美菜(愛み大瑞穂高)
由本楓羽(貝塚第二中) 8、4、3 冨田愛(長森中)
中森帆南(四天王寺高) 4、9、9 陳ヶ尾真子(和洋国府台女子高)
面手凛(山陽学園中) 3、4、−10、12 小林りんご(桜丘高)
上澤杏音(貝塚第二中) 4、6、−7、7 首藤成美(石田卓球N+)
山崎唯愛(明誠高) 6、9、−7、3 工藤真桜(TAC)
白山亜美(明徳義塾中・高) −6、8、−10、7、7 萩井菜津子(四天王寺高)
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) 7、5、6 片岡なつ(桜丘高)

ジュニア女子3回戦の主な結果は上記のとおり。昨年度のファイナリストふたり、優勝の大藤と準優勝の小塩はストレート勝ちで4回戦進出を決めた。2回戦から登場の張本美和も3回戦を突破している。今日はジュニア男女とも4回戦まで行われ、ベスト16が決定する。

伸びのある両ハンドドライブで相手を圧倒した大藤

小塩も3回戦は問題なく突破

張本は1ゲームを落とすも、伊藤(ミキハウスJSC)に勝利