卓球王国 2021年1月21日発売 vol.286
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

星の金星! 昨年王者の吉山僚一が4回戦で敗れる

●ジュニア男子4回戦
星優真(東山高) −6、8、8、6 吉山僚一(愛工大名電高)

ジュニア男子4回戦、昨年度チャンピオンの吉山僚一が星優真に敗れ、4回戦で姿を消した。
両ハンドのパワーと精度は超ジュニア級の吉山。しかし、星戦は1ゲーム目を先取したものの、左腕の星の独特なリズムになかなかペースをつかめなかった。対戦相手の星は堂々たる体躯を誇るサウスポー。中学3年まで仙台ジュニアクラブで腕を磨き、同級生の張本智和とはダブルスを組んでいた。レシーブではチキータと長いツッツキからのカウンターを多用し、チャンスがあれば一発のパワードライブで狙い打つヨーロッパのジュニア選手のようなスタイルだ。ゲーム終盤、らしからぬイージーミスが続き、「納得がいかない」という表情を浮かべていた吉山。久々の実戦で、プレー環境にうまくフィットできなかった印象があった。

「プレッシャーもあったんですけど、相手(星)が思い切ってプレーしてきて、守りの試合になってしまった。相手が有利な流れになって負けてしまいました。相手は想定以上に攻めてきた。一般は逆に自分が挑戦する立場なので、一戦一戦向かっていって、試合をたくさんできればいいと思います」(吉山)

吉山、2連覇への挑戦は4回戦でストップ

時に強引なカウンターで流れを引き寄せた星

試合後、悔しそうな表情を浮かべる吉山。一般での巻き返しに期待したい