卓球王国 2021年9月21日 発売 vol.294
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガ第3節 ノイ・ウルムなどが開幕3連勝

 ドイツ・ブンデスリーガは第3節が終了。試合の結果は下記のとおり。

 

【2021-2022 ドイツ・ブンデスリーガ第3節】

〈フルダ・マーバーツェル 3-1 グリュンヴェッターズバッハ〉

 ムン・ファンボー -5、5、8、-9、-4 コズル○

○アルナ -9、-6、7、4、6 ワルサー

○カッサン 98、-9、-10、11 王熹

○アルナ 16、4、-2、7 コズル

 

〈ザールブリュッケン 3-1 ミュールハウゼン〉

○フランチスカ -10、11、-7、7、6 イオネスク

 ポランスキー -9、10、-6、-9 Da.ハベソーン○

○ヨルジッチ -7、5、10、9 メンゲル

○フランチスカ 6、-5、10、8 Da.ハベソーン

 

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 ケーニヒスホーフェン〉

○シェルベリ 6、-6、-8、5、8 シュテガー

○ボル 12、6、-8、4 オルト

○K.カールソン 7、-10、5、-8、6 グレブネフ

 

〈ノイ・ウルム 3-0 バート・ホンブルク〉

○シドレンコ 4、-3、9、7 シポシュ

○シュトゥンパー 25、6、-10、1 ヤンカリク

○アポロニア -4、9、4、2 メイスナー

 

〈オクセンハウゼン 3-0 グレンツァオ〉

○ジャー 9、3、-3、8 バウム

○ゴーズィ 6、7、-10、5 プレテア

○クルチェツキ 5、10、14 呉家驥

 

〈ブレーメン 3-2 ベルクノイシュタッド〉

 アギーレ -3、-9、-6 ドゥダ○

 ファルク -5、-9、-7 ラーネフール○

○ゲラシメンコ 7、7、6 ミノ

○ファルク -5、4、7、8 ドゥダ

○ゲラシメンコ/アギーレ -10、4、4、7 ラーネフール/ミノ

 

 開幕から3連勝を飾ったのはボルシア・デュッセルドルフ、ノイ・ウルム、オクセンハウゼン。この3チームをフルダ・マーバーツェル、ザールブリュッケン、グレンツァオが2勝1敗で追う。昨シーズンは12チーム中11位に甘んじた古豪・グレンツァオは第3節で今季初黒星となったが、ここで踏ん張って中位を目指したい。開幕から2連敗を喫していたブレーメンは第3節でベルクノイシュタッドに前半で0-2とリードを許したが、逆転で今シーズン初勝利を収めた。昨シーズンに続き苦戦が続いているのはバート・ホンブルク。今季も若手主体のメンバーで挑んでいるが、ここまで勝ち星なしとなっている。

好調のノイ・ウルムを引っ張るアポロニア(写真は東京五輪)