卓球王国 2021年9月21日 発売 vol.294
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガ第6節が終了。女子開幕戦には吉田光希が出場

 ドイツ・ブンデスリーガは第6節が終了。第4、5節がまだ開催されていないが、各チームのスケジュールの都合上、第6節を先行して行うこととなった。昨週末に開催された4試合の結果は下記のとおり。

 

【2021-2022 ドイツ・ブンデスリーガ男子第6節】

〈ザールブリュッケン 3-0 グリュンヴェッターズバッハ〉

○フランチスカ 8、-9、-10、8、11 コズル

○ヨルジッチ 9、4、-7、5 王熹

○ポランスキー 17、-9、11、6 ワルサー

 

〈オクセンハウゼン 3-2 ブレーメン〉

○ジャー 9、4、-9、7 ゲラシメンコ

 クビク -8、-8、-11 ファルク○

○クルチェツキ -15、-9、8、7、6 スッチ

 ジャー -8、8、9、-7、-6 ファルク○

○クルチェツキ/クビク 6、9、-5、8 ゲラシメンコ/アギーレ

 

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 ノイ・ウルム〉

○シェルベリ 9、5、8 シドレンコ

○K.カールソン -10、9、7、-6、4 カツマン

○チウ・ダン -10、8、-7、7、6 スゴウロポウロス

 

〈ベルクノイシュタッド 3-2 ミュールハウゼン〉

 ロブレス 8、14、-6、-11、-8 Da.ハベソーン○

○ドゥダ 2、7、3 イオネスク

 ラーネフール -9、-7、-5 メンゲル○

○ドゥダ 9、9、5 Da.ハベソーン

○ロブレス/ミノ 10、-7、6、-9、6 メンゲル/イオネスク

※ケーニヒスホーフェンvs.グレンツァオは9月19日、フルダ・マーバーツェルvs.バート・ホンブルクは9月15日に開催

 

 ボルシア・デュッセルドルフはボル(ドイツ)、オクセンハウゼンはゴーズィ(フランス)が欠場しながらも開幕4連勝。2チームを追うザールブリュッケンも尚坤(中国)が開幕から出場なしという状況ながら、ヨルジッチ(スロベニア)がしっかりと2番手の役割を果たし、3勝目をあげた。ベルクノイシュタッドはミュールハウゼンに競り勝ち、今シーズン初勝利をあげた。

東京五輪ベスト8のヨルジッチ、ブンデスリーガでも好調だ(写真は東京五輪時)

 

 また女子ブンデスリーガも昨週末に新シーズンが開幕。日本選手では吉田光希が今シーズンもベーブリンゲンから参戦している。ベーブリンゲンは開幕戦で昨シーズン2位のコルバーモアと対戦したが3-6で敗戦。吉田光希はシングルス1勝1敗、ダブルス1敗という成績だった。

 

【2021-2022 ドイツ・ブンデスリーガ女子第1節】

〈コルバーモア 6-3 ベーブリンゲン〉

○ガニナ/トート 0、10、10 吉田/Al.カウフマン

○ラング/ティフェンブルナー 6、6、-6、-10、8 ゴッチェ/An.カウフマン

○ラング -3、10、-9、7、6 An.カウフマン

 ガニナ -8、-7、3、-9 ゴッチェ○

○トート 3、4、9 Al.カウフマン

 ティフェンブルナー -8、13、-2、-4 吉田○

○ラング 8、-6、17、7 ゴッチェ

 ガニナ -10、-5、-5 An.カウフマン○

○トート 9、8、6 吉田

★吉田光希通算成績:シングルス1勝1敗/ダブルス1敗

ベーブリンゲンに復帰し、3シーズン目を迎えた吉田光希(本人提供)