卓球王国 2021年9月21日 発売 vol.294
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

田中佑汰がドイツ・ブンデスリーガ1部デビューも初勝利ならず

 ドイツ・ブンデスリーガは第4節が行われ、今シーズンよりバート・ホンブルクに加入した田中佑汰が初出場を果たした。試合の結果は下記のとおり。

 

【2021-2022 ドイツ・ブンデスリーガ第4節】

〈ザールブリュッケン 3-2 ケーニヒスホーフェン〉

○フランチスカ 7、6、6 オルト

 ヨルジッチ 7、-13、-7、-8 シュテガー○

○ポランスキー 8、9、-8、-10、5 グレブネフ

 フランチスカ -9、-9、-8 シュテガー○

○ヨルジッチ/ポランスキー 7、-10、6、6 オルト/グレブネフ

 

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 グレンツァオ〉

○シェルベリ 9、7、2 バウム

○チウ・ダン -7、1、3、7 プレテア

○K.カールソン 12、9、2 ホフマイヤー

 

〈ミュールハウゼン 3-2 グリュンヴェッターズバッハ〉

 メンゲル -7、4、-9、-8 ワルサー○

 Da.ハベソーン 9、-8、5、-8、-8 王熹○

○イオネスク 6、7、-11、5 コズル

○メンゲル 11、-9、3、-9、5 王熹

○ベルトラン/Da.ハベソーン -6、11、6、-7、2 ワルサー/ラスムッセン

 

〈オクセンハウゼン 3-2 ノイ・ウルム〉

 ゴーズィ -8、9、10、-7、-8 アポロニア○

○ジャー -9、8、7、-5、7 シドレンコ

 クルチェツキ -11、5、-9、-8 カツマン○

○ゴーズィ 7、3、5 シドレンコ

○クルチェツキ/クビク -6、10、8、15 アポロニア/カツマン

 

〈ベルクノイシュタッド 3-0 バート・ホンブルク〉

○ミノ 7、6、9 田中

○ドゥダ -8、11、5、-7、9 シポシュ

○ロブレス 5、6、-5、5 ヤンカリク

★田中佑汰通算成績:0勝1敗

 

〈フルダ・マーバーツェル 3-2 ブレーメン〉

○アルナ -11、8、7、5 スッチ

 ムン・ファンボー -6、-6、-10 ファルク○

○カッサン 10、-9、7、8 ゲラシメンコ

 フィルス -1、-8、9、-7 ファルク○

○カッサン/ムン・ファンボー 7、9、5 ゲラシメンコ/アギーレ

 

 初出場となった田中は東京五輪にも出場したミノ(エクアドル)と対戦し、緊張もあったかストレートで敗戦。チームも0-3で敗れ、開幕から勝ち星なしの4連敗となった。昨シーズンの王者、ボルシア・デュッセルドルフはこの試合も3-0の快勝。ボル(ドイツ)を温存しながらも着実に勝利を重ねている。また、ミュールハウゼンは劇的な逆転で今シーズン初勝利。前半で2点を失うも、そこから巻き返し、ラストのダブルスもフルゲームで勝利した。ケーニヒスホーフェンは40歳のシュテガー(ドイツ)がヨルジッチ(スロベニア)、フランチスカ(ドイツ)を連破する活躍を見せたが勝利はならなかった。

デビュー戦での勝利はならなかった田中(写真は2021年インカレ)

田中を破ったミノ(写真は2020東京五輪)