卓球王国 2024年4月22日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガ第8節 鈴木颯が初出場・初勝利

 WTTなどにより中断されていたドイツ・ブンデスリーガが再開。第8節5試合が行われた。

 

【ドイツ・ブンデスリーガ】

◆第8節

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-2 グリュンヴェッターズバッハ〉

○シェルベリ 3-0 トゥリーニ

 ハウグ 0-3 コズル○

 シュトゥンパー 0-3 ワルサー○

○シェルベリ 3-1 コズル

○シュトゥンパー/ハウグ 3-1 ワルサー/トゥリーニ

 

〈オクセンハウゼン 3-0 グレンツァオ〉

○カルデラノ 3-0 ディクソン

○ゴーズィ 3-0 クビク

○鈴木 3-0 ウォーカー

★鈴木颯通算成績:単1勝0敗

 

〈ケーニヒスホーフェン 3-2 ベルクノイシュタッド〉

○シュテガー 3-1 ラッセンフォッセ

 アレグロ 1-3 ドゥダ○

 ゼリコ 0-3 ルイズ○

○シュテガー 3-1 ドゥダ

○アレグロ/ゼリコ 3-2 ラッセンフォッセ/ルイズ

 

〈ミュールハウゼン 3-1 ブレーメン〉

○O.イオネスク 3-0 アギーレ

 ベルトラン 0-3 ファルク○

○メンゲル 3-0 ゲラシメンコ

○O.イオネスク 3-0 ファルク

 

〈ザールブリュッケン 3-1 フルダ・マーバーツェル〉

○フランチスカ 3-2 フィルス

○村松 3-1 ムン・ファンボー

 マイスナー 1-3 黃鎮廷○

○村松 3-1 フィルス

★村松雄斗通算成績:単3勝0敗

 

 今シーズンよりオクセンハウゼンに加入した鈴木颯がブンデスリーガ1部初出場。五輪、世界選手権をはじめ国際大会出場経験も豊富なウォーカー(イングランド)を相手にストレートで勝利を収めて初出場・初勝利をあげた。今シーズン2度目の出場となった村松雄斗は2得点の活躍で勝利に貢献。ザールブリュッケンは開幕から負けなしの7連勝となった。

 ボルシア・デュッセルドルフもボル(ドイツ)、チウ・ダン(ドイツ)が欠場する中でグリュンヴェッターズを3-2で下して開幕7連勝。3位から7位は5チームが4勝で並んでおり、混戦となっている。

デビュー戦を勝利で飾った鈴木(写真は2023年全日学)

 

【順位表(11月28日時点)】

1位:ザールブリュッケン(7勝0敗)

2位:ボルシア・デュッセルドルフ(7勝0敗)

3位:ブレーメン(4勝3敗)

4位:グリュンヴェッターズバッハ(4勝3敗)

~~~~~~プレーオフ進出~~~~~~

5位:ミュールハウゼン(4勝3敗)

6位:オクセンハウゼン(4勝4敗)

7位:ケーニヒスホーフェン(4勝4敗)

8位:グレンツァオ(3勝5敗)

9位:ベルクノイシュタッド(2勝5敗)

10位:マインツ05(1勝6敗)

11位:フルダ・マーバーツェル(0勝7敗)

関連する記事