卓球王国 2024年2月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

日本の初戦は本日14時、ルーマニアと対戦。混合団体ワールドカップが本日よりスタート

本日、12月4日からスタートする『ITTF混合団体ワールドカップ』(中国・成都/12月10日まで)。
日本チームの初戦は、本日12月4日(月)の現地時間13時(日本時間14時)からルーマニアとの対戦となる。

 

[第1ステージ組み合わせ]
グループ1:中国、香港、スウェーデン、プエルトリコ
グループ2:ドイツ、ポルトガル、エジプト、スロバキア
グループ3:日本、フランス、ルーマニア、アメリカ、オーストラリア
グループ4:韓国、チャイニーズタイペイ、シンガポール、インド、カナダ

 

●日本チームメンバー
男子:張本智和(智和企画)、戸上隼輔(明治大学)、吉山僚一(日本大学)、曽根翔(T.T彩たま)
女子:早田ひな(日本生命)、平野美宇(木下グループ)、木原美悠(木下グループ)、張本美和(木下アカデミー)
※上写真は張本智和/早田ひな(23年世界選手権より)

 

同大会には最終的に18チームがエントリー。12月4・5日に第1ステージ(グループリーグ)が行われ、第1ステージの各グループ上位2チームが6〜10日に行われる第2ステージに進出。第2ステージは8チームによる総当たりリーグ(※)が行われ、1位のチームが優勝となる。
※第1ステージで試合を行った対戦については第1ステージでの結果が持ち越され、第2ステージでの対戦は行われない

●試合方式
1番:混合ダブルス
2番:女子シングルス(1番に出場していない選手)
3番:男子シングルス(1番に出場していない選手)
4番:女子ダブルスor男子ダブルス
5番:男子ダブルス or 女子ダブルス
*4・5番の順番は試合前に監督同士で決める
*それぞれの試合は3ゲームスマッチ(3‐0か2‐1)で、先に8ゲームを獲得したチームが勝利

 

なお、今大会の成績には世界ランキングポイントも与えられることになっており、優勝チームには合計1,000ポイント、2位チームには700ポイント。3位と4位のチームには350ポイント、5〜8位は175ポイント、9〜18位のチームには20ポイントが与えられる。各チームのポイントは、シングルスやダブルスでのゲーム獲得数など、各メンバーの貢献度を考慮し、各メンバーに分配される。

 

試合の模様はテレ東卓球チャンネルで配信される予定だ

関連する記事