卓球王国 2024年2月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガ第14節 上田仁がカルデラノに勝利。チームも3連勝でプレーオフへ前進

 ドイツ・ブンデスリーガは第14節を開催。日本選手では前節に続き、上田仁が出場した。試合の結果は下記の通り。

 

【ドイツ・ブンデスリーガ】

◆第14節

〈ザールブリュッケン 3-0 フルダ・マーバーツェル〉

○E.イオネスク 3-2 ポレ

○フランチスカ 3-0 フィルス

○ヨルジッチ 3-0 ムン・ファンボー

 

〈ケーニヒスホーフェン 3-2 オクセンハウゼン〉

 ゼリコ 1-3 カルデラノ○

 上田 0-3 ゴーズィ○

○シュテガー 3-2 クルチェツキ

○上田 3-1 カルデラノ

○シュテガー/ゼリコ 3-2 ゴーズィ/E.イオネスク

★上田仁通算成績:単3勝2敗

 

〈ベルクノイシュタッド 3-2 ボルシア・デュッセルドルフ〉

○ルイズ 3-1 チウ・ダン

○ドゥダ 3-2 シェルベリ

 ラッセンフォッセ 0-3 シュトゥンパー○

 ルイズ 1-3 シェルベリ○

○ラッセンフォッセ/ドゥダ 3-0 チウ・ダン/シュトゥンパー

 

〈グレンツァオ 3-2 マインツ05〉

○馮翊新 3-0 ロッシ

 ウォーカー 0-3 リ・ヨンイン○

 クビク 2-3 シポシュ○

○馮翊新 3-1 リ・ヨンイン

○クビク/ウォーカー 3-2 シポシュ/ロッシ

〈ミュールハウゼン 3-2 ブレーメン〉

○ベルトラン 3-1 ファルク

 Da.ハベソーン 3-0 アギーレ○

 メンゲル 0-3 ゲラシメンコ○

○O.イオネスク 3-2 ファルク

○メンゲル/ベルトラン 3-1 ゲラシメンコ/アギーレ

 

 今シーズン3度目の出場となった上田はゴーズィ(フランス)にストレートで敗れたものの、4番でカルデラノ(ブラジル)に勝利。チームもゴーズィとカルデラノを揃えたオクセンハウゼンから大逆転勝利をあげ、後半戦スタートから3連勝。4位以上に出場権が与えられるプレーオフ進出へまた一歩前進した。

 第14節の前まで首位を走っていたボルシア・デュッセルドルフはチウ・ダン(ドイツ)とシェルベリ(スウェーデン)が出場したものの、ベルクノイシュタッドに敗戦。今シーズン初の連敗を喫し、首位の座をザールブリュッケンに明け渡した。

 また、プレーオフ常連のオクセンハウゼンは上田所属のケーニヒスホーフェンに敗れたことで6勝7敗となり、借金生活に突入。現在8位と苦しいシーズンが続く。反対に下位に低迷するシーズンが続いていた古豪・グレンツァオは7勝目をあげて6位につけるなど奮闘を見せている。

カルデラノを下した上田、チームの大逆転勝利に貢献(写真:Patrick Wichmann)

 

【順位表(第14節終了時点)】

1位:ザールブリュッケン(10勝2敗)

2位:ボルシア・デュッセルドルフ(9勝3敗)

3位:ケーニヒスホーフェン(8勝5敗)

4位:ベルクノイシュタッド(7勝6敗)

~~~~~プレーオフ進出~~~~~

5位:ミュールハウゼン(7勝6敗)

6位:グレンツァオ(7勝6敗)

7位:オクセンハウゼン(6勝7敗)

8位:ブレーメン(6勝7敗)

9位:グリュンヴェッターズバッハ(4勝8敗)

10位:フルダ・マーバーツェル(3勝10敗)

11位:マインツ05(3勝10敗)

関連する記事