卓球王国 2024年2月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガ第15節 上田仁はリードを奪うも19歳に逆転負けを喫し、チームも連勝ストップ

 ドイツ・ブンデスリーガは第15節を開催。日本選手ではケーニヒスホーフェンの上田仁がザールブリュッケン戦に出場した。試合の結果は下記のとおり。

 

【ドイツ・ブンデスリーガ】

◆第15節

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 ミュールハウゼン〉

○シェルベリ 3-2 ベルトラン

○シュトゥンパー 3-1 O.イオネスク

○ボル 3-2 メンゲル

 

〈ザールブリュッケン 3-0 ケーニヒスホーフェン〉

○ヨルジッチ 3-2 ゼリコ

○E.イオネスク 3-2 上田

○フランチスカ 3-0 アレグロ

★上田仁通算成績:単3勝3敗

 

〈マインツ05 3-2 フルダ・マーバーツェル〉

○シポシュ 3-2 ムン・ファンボー

○ムラデノビッチ 3-1 荘智淵

 ロッシ 2-3 フィルス○

 シポシュ 2-3 荘智淵○

○ムラデノビッチ/ロッシ 3-2 フィルス/ムン・ファンボー

 

〈グリュンヴェッターズバッハ 3-2 ベルクノイシュタッド〉

○アポロニア 3-1 ドゥダ

 コズル 2-3 ルイズ○

○ワルサー 3-0 ラッセンフォッセ

 アポロニア 0-3 ルイズ○

○コズル/ワルサー 3-0 ラッセンフォッセ/ドゥダ

 

〈ブレーメン 3-1 オクセンハウゼン〉

○ゲラシメンコ 3-2 ゴーズィ

○ファルク 3-0 クルチェツキ

 アギーレ 2-3 ロブレス○

○ファルク 3-0 ゴーズィ

 

 ザールブリュッケン戦に出場した上田は19歳のE.イオネスク(ルーマニア)と対戦。ゲームカウント2-1とリードを奪ったが、逆転負けで今シーズン3敗目を喫した。ケーニヒスホーフェンはゼリコ(クロアチア)もヨルジッチ(スロベニア)にフルゲームで敗れ、連勝は3でストップとなった。

 ボルシア・デュッセルドルフは3試合ぶりの勝利で連敗をストップ。オクセンハウゼンを破ったブレーメンは6位に浮上した。4位から7位までは7勝で並び、レギュラーシーズン残り5節となり、プレーオフ争いは熾烈になっていきそうだ。

リードを奪った上田だが、若手に逆転負け(写真:Patrick Wichmann)

 

【順位表(第15節終了時点)】

1位:ザールブリュッケン(11勝2敗)

2位:ボルシア・デュッセルドルフ(10勝3敗)

3位:ケーニヒスホーフェン(7勝6敗)

4位:グレンツァオ(7勝6敗)

~~~~~プレーオフ進出~~~~~

5位:ベルクノイシュタッド(7勝7敗)

6位:ブレーメン(7勝7敗)

7位:ミュールハウゼン(7勝7敗)

8位:オクセンハウゼン(6勝8敗)

9位:グリュンヴェッターズバッハ(5勝8敗)

10位:マインツ05(4勝10敗)

11位:フルダ・マーバーツェル(3勝11敗)

関連する記事