卓球王国 グッズWEB 2021年 5月17日発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
グッズweb

卓球YouTuber「あおちゃんねる」さんも絶賛する3月発売、VICTASのV>20

VICTAS×卓球王国ブラインド試打会 Vol.2

春にVICTASから発売される『V>20 Double Extra』。

試打会を12月25日に東京の国際卓球高田馬場店卓球場で開催。
卓球王国最新号でも紹介しているが試打会の参加者のコメントを原文のママお伝えしよう。

<試打方法>
木材7枚合板『SWAT』、特殊素材インナーラケット
『ZX-GEAR IN』に、『V>20 Double Extra』(新発売)『V>15 Extra』『V>15 Stiff』『V>11 Extra』『VENTUS Extra』の5種類のラバーを貼った。先入観を持たないように、ラバーの名前の部分を切り取り、スポンジは黒く塗りつぶした状態でブラインド試打。試打ごとに各ラバーのアンケートを書いてもらい、すべて終わってからそれぞれのラバー名を試打者に伝えた。今回は、新商品である『V>20 Double Extra』を中心に試打者のコメントを紹介する。

 

「回転をかけやすく、カウンターや後陣からでも勢いが削がれることなく飛んでくれる」

中沢幸紀さん(卓球歴6年)

中沢幸紀さん

普段は木材7枚の丹羽孝希woodを使用しているのでインナー系と木材を中心に試打を行いました。なかでもV>20が回転をかけやすく、カウンターや後陣からでも勢いが削がれることなく飛んでくれるのでとても良かったです。
また、普段から使っているラバーに近いヴェンタスエキストラやV>11 Extraは好感触。まずヴェンタスはしっかりと弧線を描きループドライブ時にしっかりと食い込んで飛んでくれてとてもやりやすい。またV>11 Extraはバックでの使用で主に前陣で掛けていくタイプなので押すブロックミート打ちカウンターなどがやりやすく良かった。

 

「パワーがなくてもきちんと飛んでいってくれたので、女子選手にはすごく合う」

菅原亜生さん(YouTuberあおちゃんねる・卓球歴11年)

ラバーもシャツもブルーが妙に似合う「あおちゃんねる」こと、菅原亜生さん

私が良いと感じたのはV>20です。パワーがなくてもきちんと飛んでいってくれたので、女子選手にはすごく合うと思いました。また、私はスマッシュも打つので、V>20はスマッシュがやりやすかった点も好印象でした。発売されたら使いたいと思いました。

 

「V>20はこれから来るラバーですね」

月本俊郎さん(卓球歴20年)

月本俊郎さ

新しいラバーV>20は少し中国ラバーのようなカチッとした硬さもあり、今のトレンドに寄っているなと思いました。それ以外で使いやすかったのは、V>15extraが圧倒的に良かった。V>20はこれから来るラバーですね。
ふだんはV>15系統のラバーで直線的に飛んでいくのが好きで、ファスタークG-1は弧線を描けるラバーですが、私の用具選びのポイントは弧線です。安心感がある。ただそういうラバーは台上技術でポコっと浮きやすいので、そのバランスがポイントです。

 

「自分が使うとしたらフォアにV>20を使いたい」

山下颯之さん(卓球歴7年)

山下颯之さん

新しいラバーV>20を打つことが多く、フォアに合っているラバーかなと思いました。回転も結構掛かるし、バックだと暴れちゃう。V>15Extraは普通の感じで、ぼく自身は回転を意識しているので、V>15よりV>20のほうが良かった。VENTUSはバックで使いたい。普段はフォアはG-1でバックはGFで、回転を意識します。回転がかかり、弧線を描くラバーが好みで、バック面は硬くもなく軟らかくもないコントロールの良いラバーを選んでいます。自分が使うとしたらフォアにV>20を使いたい。

 

「一番評価の良いのはV>20で、バックに使いたい」

五十嵐博司さん(卓球歴46年)

五十嵐博司さん

一番評価の良いのはV>20で、バックに使いたい。ボールも速く安定感がある。ラケットは7枚合板でもインナーでも合います。普段はテナジー80ですが、ラケットが違うのでなんとも言えませんが、V>20はバランスは良かったけど、もう少し強いアピールポイントが欲しかった。
普段選ぶポイントは、今自分が使っているラバーよりも良い性能がないと変えない。今のラバーならミスしたら自分の技術のせいで、用具のせいにできない。ただ、今回は全体的に良かったですね。

 

「V>20はかなり弧線を描いて飛んでいくラバーです。粒の感じも非常に良くて、発売されるときには買いたいな」

森川睦夫さん(卓球歴21年)

森川睦夫さん

7枚合板にV>15 ExtraとVENTUS Extraの組み合わせは打っていて非常に気持の良いものでした。V>11 Extraも非常に高評価です。
V>20はかなり弧線を描いて飛んでいくラバーです。粒の感じも非常に良くて、発売されるときには買いたいなと思います。現時点で、ピッチフォードのラケットに、フォアにV>15 Extraとバックにトリプルダブルエキストラを使っていて、新しいラバーはぜひフォア面に使いたいのですが、打球感を優先して7枚合板でいくのか、飛距離でゼックスギアを選ぶのか、今後、打ち比べていきたいです。

 

「V>15 Extraがぼくの中ではワンランク上で、一番ボールが走った」

中村昊太郎さん(卓球歴4年)

中村昊太郎さん

V>15 Extraがぼくの中ではワンランク上で、一番ボールが走った。良いラバーでした。一度使ったことがあるんだけど、ラケットとの相性も良かった。V>20は上級者向けと言うよりも、中級者向けのラバーに思いました。V>15 Extraの特徴を活かしながら、使いやすい性格を持っていた。VENTUS Extraも使いやすかった。V>11 Extraは初めて使ったけど、使いやすかった。いろいろなラバーの試打ができてよかった、楽しかったです。

 

「VICTASのラバーは癖があって使いづらいと聞いていたんですが、今日打ったラバーはすべて使いやすい」

南條佑介さん(卓球歴15年)

南條佑介さん

もともとVICTASのラバーについては仲間から「V>15を始めとして、癖があって使いづらい」と聞いていたんですが、今日打ったラバーはすべて使いやすいと言うか、飛びが強いなという部分はありましたが、渡されたらどれも使えるなと感じました。
その中で、フォア面だったらV>15 Extra、フォア面とバック面を問わずに使いたいと思ったのはV>20でした。V>20は刺さるような弾道が出ましたが、比較的ボールが収まりました。オーバーミスするような印象を持っていましたが、強くかけても台の中に収まりました。