卓球王国 2022年5月20日 発売 vol.302
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

デフリンピック卓球競技 女子ダブルスで亀澤理穂/川﨑瑞恵が2大会連続の銅メダル獲得

 ブラジル・カシアスドスルで開催されている第24回夏季デフリンピック卓球競技。昨日は男女ダブルス決勝までが行われ、女子ダブルスで亀澤理穂/川﨑瑞恵が2大会連続となる銅メダルを獲得した。(写真提供:デフ卓球日本代表・梅村正樹監督)

 

【女子ダブルス】

◆1回戦

モ・ヨンスル/キム・ソユン(韓国) 10、8、3、9 立石里吏/山田萌心

◆準々決勝

亀澤理穂/川﨑瑞恵 8、6、7、8 ユルコバ/ステツコバ(スロバキア)

◆準決勝

バドニク/ザヴィノフスカ(ウクライナ) -8、7、9、-10、7、-8、5 亀澤理穂/川﨑瑞恵

 

【男子ダブルス】

◆1回戦

川口功人/井藤博和 6、8、4、5 カステル/シルバ(ブラジル)

オ・セオク/イ・チャンジョン(韓国) 7、-7、9、5、9 亀澤史憲/灘光晋太郎

◆2回戦

オフチャレンコ/ザカラドニイ(ウクライナ) 8、3、9、7 川口功人/井藤博和

 

 準々決勝からの登場となった亀澤理穂/川﨑瑞恵はスロバキアペアに快勝して銅メダル以上が確定。準決勝でも、今大会強さを見せつけているウクライナペアにフルゲームまで迫り、決勝進出にあと一歩だった。亀澤/川﨑は前回大会でも女子ダブルスで銅メダルを獲得しており、2大会連続のメダル獲得。日本女子のエースペアが、日本にとって今大会3つ目のメダルをもたらした。

 一方の男子は、2回戦までに2ペアとも姿を消し、メダル獲得はならず。残るシングルスでの奮起に期待したい。