卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

【卓球】WTTコンテンダー・リマ大会、長崎美柚が2位。森さくら/笹尾明日香は3大会連続V

614よりペルー・リマで開催されたWTTコンテンダー・リマ大会。19日(日)に全日程が終了し、女子シングルスで長崎美柚(木下グループ)が準優勝、女子ダブルスで森さくら/笹尾明日香(日本生命)が優勝を果たした。

女子シングルスで長崎は準々決勝でA.ディアス(プエルトリコ)にゲームカウント1-2から逆転勝ちで準決勝に進出。準決勝では蘇珮綾(チャイニーズタイペイ)に3-0から2ゲーム連取されるも6ゲーム目を7点で抑え決勝へ。ミッテルハム(ドイツ)との決勝では1-3から2ゲーム連取しゲームオールに持ち込むも、最終ゲームを7点で落としタイトルにあと一歩手が届かなかった。

 

優勝まであと1歩とせまった長崎美柚(photo:WTT)

男子シングルスでは丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)と吉山僚一が準々決勝進出も、丹羽はシェルベリ(スウェーデン)に吉山はチウ・ダン(ドイツ)に破れ準決勝進出はならなかった。男子の優勝はチウ・ダン。同士討ちとなったオフチャロフ(ドイツ)とのゲームオールの接戦を制し頂点に立った。

先輩・オフチャロフを破ってタイトルを獲得したチウ・ダン(photo:WTT)

 

女子ダブルスでは笹尾明日香/森さくら(日本生命)が優勝。5月のWTTフィーダー2大会に続き3大会連続の優勝を果たした。

また、混合ダブルスではチウ・ダン/ミッテルハムが優勝。両者ともシングルスとあわせて大会2冠を達成した。

 

女子ダブルスでWTT3大会連続優勝の森さくら(右)/笹尾明日香(photo:WTT)

 

2回戦以降の日本選手の記録と準決勝からの記録は以下のとおり。

 WTTコンテンダー・リマ大会記録 ※準決勝より7ゲームズマッチ

男子シングルス〉

●決勝トーナメント2回戦

吉山僚一 10-92-911 グルーツ(デンマーク) 

丹羽孝希 -11598 シフエンテス(アルゼンチン)

準々決勝

チウ・ダン(ドイツ)496 吉山僚一

シェルベリ(スウェーデン)9-108-410 丹羽孝希

準決勝

チウ・ダン -12686-915 姜動洙(韓国)

オフチャロフ(ドイツ)-1059-6611 シェルベリ

決勝

チウ・ダン -6-81167-118 オフチャロフ 

 

女子シングルス〉

 ●決勝トーナメント2回戦

A.ディアス(プエルトリコ)79-8-910 笹尾明日香  

長崎美柚 -131078 バラゾバ(スロバキア)

B.タカハシ(ブラジル)-94118 森さくら

準々決勝

長崎美柚 8-8-1164 A.ディアス

準決勝

長崎美柚 499-11-77 蘇珮綾(チャイニーズタイペイ)

ミッテルハム 7-106-9119 B.タカハシ

決勝

ミッテルハム(ドイツ)99-76-9-107 長崎美柚

 

男子ダブルス〉

準決勝

アルト/シフエンテス(アルゼンチン)キケン 馮翊新/陳建安(チャイニーズタイペイ)

シェルベリ/ファルク(スウェーデン)1078 モンテイロ/アポロニア(ポルトガル)

決勝

シェルベリ/ファルク 73-79 アルト/シフエンテス

 

女子ダブルス〉

準々決勝

笹尾明日香/森さくら 6-9712 クマハラ/B.タカハシ(ブラジル)

準決勝

鄭先知/黃郁雯(チャイニーズタイペイ)-10、-10、8、4、7 リリー・チャン/シャオ・マリア(アメリカ/スペイン)

笹尾明日香/森さくら 686 バラゾバ/マテロバ(スロバキア/チェコ)

決勝

笹尾明日香/森さくら 6-754 鄭先知/黃郁雯

 

混合ダブルス〉 ※日本選手は不参加

準決勝

チウ・ダン/ミッテルハム(ドイツ)89-99 ロブレス/シャオマリア(スペイン)

グロッド/デヌッテ(ルクセンブルク)-5949 馮翊新/蘇珮綾(チャイニーズタイペイ)

決勝

チウ・ダン/ミッテルハム -9-108711 グロッド/デヌッテ

 

写真提供:WTT

関連する記事