卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガは新シーズンが開幕。大型補強のノイ・ウルムはオフチャロフの2勝で白星発進

 ドイツ・ブンデスリーガは2022-2023シーズンが開幕。昨日は第1節4試合が行われ、新シーズンがスタートした。

 

【2022-2023 ドイツ・ブンデスリーガ】

★第1節

〈ノイ・ウルム 3-1 グリュンヴェッターズバッハ〉

○オフチャロフ -5、-2、8、5、9 ワルサー

○モーレゴード 6、8、8 王熹

 カツマン 8、-11、-5、-6 アポロニア○

○オフチャロフ 5、11、7 王熹

 

〈ベルクノイシュタッド 3-1 マインツ05〉

 O.アサール -7、-11、-8 ムラデノビッチ○

○ルイズ -5、4、5、8 イゲンラー

○ドゥダ 6、-8、7、6 プチュンチカ

○O.アサール 9、3、-8、5 イゲンラー

 

〈ブレーメン 3-2 ケーニヒスホーフェン〉

○ゲラシメンコ 4、-4、6、-4、11 アレグロ

 ファルク -7、-2、-11 ゼリコ○

 アギーレ -11、-10、-4 シュテガー○

○ファルク 9、-12、4、8 アレグロ

○ゲラシメンコ/プレテア -8、7、10、7 シュテガー/オルト

 

〈オクセンハウゼン 3-0 フルダ・マーバーツェル〉

○ゴーズィ 4、5、8 ムン・ファンボー

○ジャー 10、4、9 アルナ

○ロブレス -6、-6、7、4、9 カッサン

 

 今シーズンはオクセンハウゼンで戸上隼輔、ケーニヒスホーフェンで宇田幸矢、マインツ05で村松雄斗がプレーすることとなっているが、開幕戦での出場はなし。神巧也が今シーズンより所属するザールブリュッケンは今日8月29日に開幕戦が行われる。

 超・大型補強を敢行したノイ・ウルムは新加入のオフチャロフ(ドイツ)、モーレゴード(スウェーデン)のビッグネーム2人で3点を叩き出して白星発進。今シーズンより2部から昇格したマインツ05はベルクノイシュタッドと対戦。1番でバックにアンチスピンラバーを使うムラデノビッチ(ルクセンブルク)がストレートでO.アサール(エジプト)を破るも後続が続かず1部初白星とはいかなかった。

 第1節の残り2試合、ボルシア・デュッセルドルフvs.ミュールハウゼン、ザールブリュッケンvs.グレンツァオは今日8月29日に行われる。

ノイ・ウルムへの移籍初陣で2勝をあげたオフチャロフ(写真は2021年東京五輪)

関連する記事