卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガは第2節を開催。2部開幕戦には坪井勇磨が出場

昨週、2022-2023シーズンが開幕したドイツ・ブンデスリーガ。9月2〜5日にかけて第2節が行われた。試合の結果は下記のとおり。

 

2022-2023 ドイツ・ブンデスリーガ】

●第2節

〈フルダ・マーバーツェル 3-1 ベルクノイシュタッド〉

 カッサン -4、-6、-4 ドゥダ○

○ムン・ファンボー 9、-10、9、-10、10 O.アサール

○アルナ -6、9、7、9 ミノ

○カッサン 6、8、-7、4 O.アサール

 

〈ザールブリュッケン 3-1 ノイ・ウルム〉

○フランチスカ 7、4、4 アルテメンコ

○ヨルジッチ 7、3、7 カツマン

 ポランスキー 5、-4、7、-10、-9 グレブネフ○

○フランチスカ 3、7、-9、5 カツマン

 

〈グリュンヴェッターズバッハ 3-2 グレンツァオ〉

王熹 8、8、7 クビク

 ワルサー -7、-8、-8 馮翊新○

○アポロニア -10、8、9、6 バウム

 コズル -7、-9、-12 馮翊新○

○ワルサー/アポロニア 10、11、3 クビク/バウム

 

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 マインツ05〉

○チウ・ダン 10、-10、7、4 ムラデノビッチ

○シェルベリ 5、7、5 プチュンチカ

○シュトゥンパー 8、4、-9、7 ロッシ

 

〈ブレーメン 3-1 ミュールハウゼン〉

○ファルク 7、6、10 イオネスク

○ゲラシメンコ 7、8、-10、6 Da.ハベソーン

 プレテア -7、-6、-7 メンゲル○

○ファルク -9、7、-4、8、7 Da.ハベソーン

 

〈オクセンハウゼン 3-1 ケーニヒスホーフェン〉

○ジャー 10、-8、-6、7、6 ゼリコ

 アックズ -7、-7、8、-3 シュテガー○

○ロブレス 6、9、9 オルト

○ジャー 12、6、-7、-4、11 シュテガー

 

 ノイ・ウルムは開幕戦に出場したオフチャロフ(ドイツ)とモーレゴード(スウェーデン)が欠場し、ロシア3選手が出場。グレブネフがフルゲームで勝利をあげたが、ザールブリュッケンに敗れた。開幕戦でグレンツァオにまさかの敗戦を喫したザールブリュッケンは今シーズン初勝利となった。なお、ザールブリュッケン所属の神巧也(ファースト)は第1節に続き出場がなかった。

 グレンツァオは馮翊新(チャイニーズタイペイ)が第1節に続いて2勝の活躍を見せたがグリュンヴェッターズバッハに敗戦。ボルシア・デュッセルドルフは開幕戦で足か腰を傷めている様子だったボル(ドイツ)が欠場するも、今シーズンより1部に昇格したマインツ05に快勝を収めた。

 開幕から2連勝を飾ったのはボルシア・デュッセルドルフ、オクセンハウゼン、ブレーメンの3チーム。逆にケーニヒスホーフェン、ミュールハウゼン、マインツ05の3チームは連敗スタートとなっている。

 

 

 また、ブンデスリーガ2部では坪井勇磨が開幕戦に出場し、単複で勝利。高校時代、飛躍のきっかけをつかんだドイツの地で新たなスタートを切った。

 

【2022-2023 ドイツ・ブンデスリーガ2部】

〈バート・ホンブルク 6-0 バート・ハム〉

○坪井/アンドラシュ 4、6、3 ヴァゼアー/ヒルビヒ

○坪井 7、4、10 ウールマン

今シーズンより、再びドイツでプレーする坪井(写真は2021年後期日本リーグ)

 

関連する記事