卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガ第3節 宇田幸矢、神巧也が今季初出場

 2022-2023シーズンのドイツ・ブンデスリーガは第3節を開催。今シーズンよりブンデスリーガに参戦している宇田幸矢(明治大)、神巧也(ファースト)が初出場を果たした。

 

【2022-2023 ドイツ・ブンデスリーガ】

●第3節

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 ブレーメン〉

○シェルベリ 8、8、-10、7 アギーレ

○シュトゥンパー 5、6、9 ファルク

○チウ・ダン -7、-10、9、12、11 ゲラシメンコ

 

〈ケーニヒスホーフェン 3-2 グリュンヴェッターズバッハ〉

 宇田 -17、-8、-6 王熹○

 オルト -11、-5、-10 アポロニア○

○ゼリコ -9、9、-13、8、8 ワルサー

○宇田 -8、8、9、6 アポロニア

○オルト/アレグロ 8、8、4 王熹/ワルサー

 

〈オクセンハウゼン 3-1 ベルクノイシュタッド〉

 クルチェツキ 9、-11、8、-3、-4 ドゥダ○

○ゴーズィ 10、9、5 ミノ

○ロブレス -12、10、10、5 ルイズ

○ゴーズィ 9、5、7 ドゥダ

 

〈ザールブリュッケン 3-0 フルダ・マーバーツェル〉

○ニュイティンク -8、4、10、-9、6 カッサン

○フランチスカ 6、6、10 ムン・ファンボー

○神 6、4、-1、9 アルナ

 

 開幕3戦目でブンデスリーガ1部デビューとなった宇田だが、1番でカットの王熹(ドイツ)にストレートで敗戦。しかし、4番ではアポロニア(ポルトガル)を破ってチームの0-2からの大逆転招致に貢献した。ケーニヒスホーフェンは今シーズン初勝利となった。

 第1、2節ともにベンチを温めていた神はヨルジッチ(スロベニア)に代わって起用されると、世界ランキング15位のアルナ(ナイジェリア)に勝利。強豪のザールブリュッケンで出場の限られる中、しっかりと実力をアピールした。

デビュー戦で1勝をあげた宇田(写真は全農カップTOP32)

関連する記事