卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガ第3節 今季初出場の村松雄斗は1勝1敗

 ドイツ・ブンデスリーガは昨週末に開催されなかった第3節2試合が行われ、マインツ05に加入した村松雄斗(La.VIES)が今シーズン初出場を果たした。

 

【2022-2023 ドイツ・ブンデスリーガ】

●第3節

〈ミュールハウゼン 3-2 マインツ05〉

○メンゲル 8、9、13 ムラデノビッチ

○Da.ハベソーン 8、-5、-6、10、6 村松

 イオネスク 7、-13、-6、-8 プチュンチカ○

 メンゲル -0、7、-10、-9 村松○

○イオネスク/キム・テヒュン 7、-6、8、7 ムラデノビッチ/ロッシ

 

〈ノイ・ウルム 3-1 グレンツァオ〉

○モーレゴード -12、7、8、7 ワルサー

 グレブネフ 6、-7、-8、-10 バウム○

○シドレンコ 7、9、14 馮翊新

○モーレゴード 8、6、5 バウム

 

 オクセンハウゼンでプレーした2017-2018シーズン以来のブンデスリーガ出場となった村松は、2番でDa.ハベソーン(オーストリア)にフルゲームで敗れるも、4番でメンゲル(ドイツ)に勝利。しかし、ラストのダブルスが敗れ、チームは2-3で敗れた。今シーズンより1部に昇格したマインツ05はこれで開幕から3連敗。1部12チームの中で唯一勝ち星なしとなっている。

 ノイ・ウルムは新加入のモーレゴード(スウェーデン)が開幕戦以来の出場。2得点をあげる活躍でチームに今季2勝目をもたらした。

4シーズンぶりのブンデスリーガ出場となった村松(写真は全農カップTOP32)

 

【レギュラーシーズン順位(第3節終了時点)】

1位:ボルシア・デュッセルドルフ(3勝0敗)

2位:オクセンハウゼン(3勝0敗)

3位:ザールブリュッケン(2勝1敗)

4位:ノイ・ウルム(2勝1敗)

~~~~~~プレーオフ進出~~~~~~

5位:ブレーメン(2勝1敗)

6位:グレンツァオ(1勝2敗)

7位:ケーニヒスホーフェン(1勝2敗)

8位:グリュンヴェッターズバッハ(1勝2敗)

9位:ベルクノイシュタッド(1勝2敗)

10位:ミュールハウゼン(1勝2敗)

11位:フルダ・マーバーツェル(1勝2敗)

12位:マインツ05(0勝3敗)

関連する記事