卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガ第4節 村松雄斗の2得点でマインツ05が1部初勝利!

 ドイツ・ブンデスリーガは第4節が行われ、神巧也(ファースト)、村松雄斗(La.VIES)が出場した。

 

【2022-2023 ドイツ・ブンデスリーガ】

●第4節

〈マインツ05 3-1 オクセンハウゼン〉

○ムラデノビッチ 6、-3、-9、7、9 ゴーズィ

○村松 11、7、-10、-8、6 ロブレス

 プチュンチカ -3、-0、9、-2 アックズ○

○村松 8、11、7 ゴーズィ

★村松雄斗通算成績:単3勝1敗

 

〈ザールブリュッケン 3-2 ミュールハウゼン〉

○ヨルジッチ 6、9、6 イオネスク

 神 -6、-9、-9 メンゲル○

 ポランスキー -10、9、-10、-7 Da.ハベソーン○

○ヨルジッチ 4、4、7 メンゲル

○ニュイティンク/ポランスキー -6、-9、9、6、9 イオネスク/キム・テヒョン

★神巧也通算成績:単1勝1敗

 

〈ベルクノイシュタッド 3-0 グレンツァオ〉

○ドゥダ 9、5、-9、-10、4 バウム

○ルイズ 8、9、5 ウォーカー

○O.アサール 9、-5、-3、8、10 馮翊新

 

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 グリュンヴェッターズバッハ〉

○チウ・ダン 10、-9、-10、2、8 コズル

○シェルベリ 11、6、10 ウォーカー

○シュトゥンパー -5、8、8、9 王熹

 

〈ノイ・ウルム 3-1 ケーニヒスホーフェン〉

○モーレゴード 5、棄権 シュテガー

 カツマン -13、-10、-7 ゼリコ○

○シドレンコ 10、10、-8、6 アレグロ

○モーレゴード -9、6、7、9 ゼリコ

 

〈ブレーメン 3-0 フルダ・マーバーツェル〉

○ファルク 3、5、4 カッサン

○アギーレ 8、-7、-7、7、8 アルナ

○ゲラシメンコ 9、6、5 フィルス

 

 今季2試合目の出場となった村松はかつて在籍したオクセンハウゼンと対戦し、ロブレス(スペイン)、ゴーズィ(フランス)を破る大活躍。バック面にアンチスピンラバーを使用するクセ者・ムラデノビッチ(ルクセンブルク)もゴーズィから金星をあげて、マインツ05が1部初勝利を収めた。

2勝をあげてチームに今季初勝利をもたらした村松

 

 第3節でアルナ(ナイジェリア)から勝利をあげてブンデスリーガデビュー戦を白星で飾った神は、2試合続けてオーダーに名を連ねたが、メンゲル(ドイツ)にストレートで敗戦。連勝とはならなかった。

 マインツ05が初勝利をあげたことで、全チームが今季1勝をあげた。昨シーズンの王者、ボルシア・デュッセルドルフが唯一の無敗で現在首位。上位常連のオクセンハウゼンとザールブリュッケン、新加入のモーレゴード(スウェーデン)が期待通りの活躍を見せているノイ・ウルム、ファルク(スウェーデン)が好調のブレーメンが3勝1敗で続く。

 

【順位表(第4節終了時点)】

1位:ボルシア・デュッセルドルフ(4勝0敗)

2位:オクセンハウゼン(3勝1敗)

3位:ザールブリュッケン(3勝1敗)

4位:ノイ・ウルム(3勝1敗)

~~~~~~プレーオフ進出~~~~~~

5位:ブレーメン(3勝1敗)

6位:ベルクノイシュタッド(2勝2敗)

7位:ケーニヒスホーフェン(1勝3敗)

8位:マインツ05(1勝3敗)

9位:グレンツァオ(1勝3敗)

10位:フリュンヴェッターズバッハ(1勝3敗)

11位:ミュールハウゼン(1勝3敗)

12位:フルダ・マーバーツェル(1勝3敗)

関連する記事