卓球王国 2021年11月20日 発売 vol.296
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガ第22節 グリュンヴェッターズバッハが初のPO進出!

 ドイツ・ブンデスリーガはレギュラーシーズン最終戦となる第22節が開催。上位4チームに与えられるプレーオフ(PO)出場最後の1枠をかけ、グリュンヴェッターズバッハとノイ・ウルムが熾烈な争いを繰り広げていたが、グリュンヴェッターズバッハが勝利し、チーム初のプレーオフ進出を決めた。

 

【2020-2021 ドイツ・ブンデスリーガ】

◆第22節(ブレーメンvs.グレンツァオは3月22日開催)

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-1 ザールブリュッケン〉

○K.カールソン 10、-8、14、5 フランチスカ

○ワルサー 9、5、12 レヴァヤッチ

 ボル 5、5、-5、-8、-2 ヨルジッチ○

○シェルベリ 4、9、-7、-13、7 フランチスカ

 

〈ノイ・ウルム 3-0 ケーニヒスホーフェン〉

○ルベッソン 11、7、-11、5 シュテガー

○アポロニア 8、8、-8、5 オルト

○シドレンコ 9、7、6 ゼリコ

 

〈グリュンヴェッターズバッハ 3-1 ミュールハウゼン〉

 王熹 -8、9、14、-8、-5 メンゲル○

○チウ・ダン 8、10、9 Da.ハベソーン

○コズル 9、-9、5、-11、9 ヤンカリク

○王熹 -8、9、9、3 イオネスク

 

〈ベルクノイシュタッド 3-2 オクセンハウゼン〉

○ドゥダ -8、8、8、3 クビク

○ロブレス 7、9、-4、13 ゴーズィ

 ミノ -8、-9、2、9、-7 クルジツキ○

 ドゥダ -12、-9、10、7、-4 ゴーズィ○

○ロブレス/ミノ 9、7、7 クルジツキ/クビク

 

〈フルダ・マーバーツェル 3-0 バート・ホンブルク〉

○アルナ -7、8、-9、6、9 カツマン

○フィルス 5、9、11 グレブネフ

○ムン・ファンボー 8、4、9 ホフマイヤー

 

 

★順位表(3月21日時点)

1位:ボルシア・デュッセルドルフ(20勝2敗)

2位:ザールブリュッケン(15勝7敗)

3位:オクセンハウゼン(15勝7敗)

4位:グリュンヴェッターズバッハ(13勝9敗)

~~~~~~~プレーオフ進出~~~~~~~

5位:ノイ・ウルム(13勝9敗)

6位:ベルクノイシュタッド(12勝10敗)

7位:ブレーメン(11勝10敗)

8位:ケーニヒスホーフェン(11勝11敗)

9位:ミュールハウゼン(11勝11敗)

10位:フルダ・マーバーツェル(6勝16敗)

11位:グレンツァオ(3勝18敗)

12位:バート・ホンブルク(1勝21敗)

 

 グリュンヴェッターズバッハとノイ・ウルム、両チームにプレーオフ進出の可能性を残して迎えた第22節。グリュンヴェッターズバッハは勝利すれば4位が確定、もし敗れてもノイ・ウルムが敗戦の場合は4位が確定するという状況だったが、ミュールハウゼンを下して自力でプレーオフ進出を勝ち取った。ブンデスリーガ参入2シーズン目にして初のプレーオフ進出を目指したノイ・ウルムはケーニヒスホーフェンから3-0で勝利を収め、グリュンヴェッターズバッハと勝敗で並んだが得失マッチで及ばず5位。プレーオフにあと一歩に迫りながらも涙を呑んだ。

コズルは直前に行われた東京五輪世界予選を通過したヤンカリクを下す(写真は2019年世界選手権)

 

 上位4チームがレギュラーシーズンの全日程を消化したことにより、プレーオフ準決勝の対戦カードはボルシア・デュッセルドルフvs.グリュンヴェッターズバッハ、ザールブリュッケンvs.オクセンハウゼンに決定。ボルシア・デュッセルドルフvs.グリュンヴェッターズバッハは3月28日と4月3日、ールブリュッケンvs.オクセンハウゼンは4月8日よ4月10日に行われる予定となっている。