卓球王国 2021年11月20日 発売 vol.296
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガPO、ボルシア・デュッセルドルフが快勝発進!

 ドイツ・ブンデスリーガはプレーオフがスタート。まずはレギュラーシーズン1位のボルシア・デュッセルドルフと同4位のグリュンヴェッターズバッハの準決勝第1戦が行われた。

 

【2020-2021 ドイツ・ブンデスリーガ】

◆プレーオフ準決勝第1戦

〈ボルシア・デュッセルドルフ(1位) 3-0 グリュンヴェッターズバッハ(4位)〉

○ボル 6、5、8 王熹

○シェルベリ -9、8、7、-5、9 チウ・ダン

○K.カールソン 8、5、-9、-8、13 コズル

 

 プレーオフ準決勝第1戦は、初めてプレーオフに進んだグリュンヴェッターズバッハに対し、ボルシア・デュッセルドルフが貫禄のストレート勝ち。トップでボル(ドイツ)が王熹に完勝すると、2、3番はともにフルゲームで勝利して第1戦をものにした。通算30回のブンデスリーガ優勝を誇るボルシア・デュッセルドルフだが、2017/2018シーズン以降はオクセンハウゼン、ザールブリュッケンにタイトルを奪われている。大黒柱のボルに、シェルベリ(スウェーデン)も成長。3シーズンぶりの王座奪還に向けて好スタートを切った。

ボルがトップで快勝(写真は2019年ヨーロッパ選手権)

 

 ボルシア・デュッセルドルフとグリュンヴェッターズバッハの準決勝第2戦は4月3日、第3戦は4月11日に開催。準決勝のもうひと試合、ザールブリュッケンとオクセンハウゼンの試合は4月8、10、12日に行われる。