卓球王国 2021年1月21日発売 vol.286
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

ドイツ・ブンデスリーガは年明け早々、後半戦がスタート

 ドイツ・ブンデスリーガは1月3日に2021年最初の試合となる第12節が開催され、後半戦がスタート。試合の結果は下記のとおり。

 

【2020-2021 ドイツ・ブンデスリーガ第12節】

〈ボルシア・デュッセルドルフ 3-1 バート・ホンブルク〉

 ワルサー 9、-10、9、-15、-9 シポシュ○

○シェルベリ -3、6、6、5 カツマン

○K.カールソン 3、5、6 ホフマイヤー

○シェルベリ 10、9、4 シポシュ

 

〈フルダ・マーバーツェル 3-0 ミュールハウゼン〉

○フィルス 9、3、7 ヤンカリク

○ムン・ファンボー 15、-3、-6、9、6 メンゲル

○アルナ -6、7、5、6 Da.ハベソーン

 

〈ケーニヒスホーフェン 3-1 オクセンハウゼン〉

○シュテガー 9、6、9 ジャー

 サリフ -6、-7、-11 ゴーズィ○

○オルト 5、6、8 クルジツキ

○シュテガー 7、-3、6、6 ゴーズィ

 

〈グリュンヴェッターズバッハ 3-2 ベルクノイシュタッド〉

 王熹 -5、-11、-8 ロブレス○

○コズル 10、-9、-7、10、8 ドゥダ

○チウ・ダン 10、-9、4、-5、7 フェガール

 王熹 6、-7、-12、-8 ドゥダ○

○チウ・ダン/ラスムッセン -5、-9、4、12、9 ロブレス/フェガール

 

〈ザールブリュッケン 3-0 グレンツァオ〉

○尚坤 3、5、4 プレテア

○ヨルジッチ 2、12、7 セルツァー

○ポランスキー 9、-11、5、5 R.デヴォス

 

〈ノイ・ウルム 3-0 ブレーメン〉

○ルベッソン -9、7、8、2 アギーレ

○シドレンコ -6、2、8、6 ファルク

○アポロニア 5、8、-12、10 ゲラシメンコ

 

★順位表(1月3日現在)

1位:ボルシア・デュッセルドルフ(10勝1敗)

2位:オクセンハウゼン(8勝3敗)

3位:ノイ・ウルム(8勝4敗)

4位:ベルクノイシュタッド(8勝4敗)

~~~~~~~プレーオフ進出~~~~~~~

5位:ザールブリュッケン(7勝5敗)

6位:ケーニヒスホーフェン(7勝5敗)

7位:グリュンヴェッターズバッハ(6勝6敗)

8位:ミュールハウゼン(5勝5敗)

9位:ブレーメン(5勝7敗)

10位:フルダ・マーバーツェル(5勝7敗)

11位:バート・ホンブルク(1勝11敗)

12位:グレンツァオ(0勝12敗)

 

 初のプレーオフ進出を狙うノイ・ウルムはシドレンコ(ロシア)がファルク(スウェーデン)を下す活躍でブレーメンに快勝し、3位に浮上した。同じくプレーオフを目指すベルクノイシュタッドはグリュンヴェッターズバッハに競り負け、手痛い1敗となった。ケーニヒスホーフェンは39歳のシュテガー(ドイツ)が2得点と奮闘し、オクセンハウゼンから勝利を収めている。

ファルクを破ったシドレンコ(写真は2019年世界選手権)

 

まだまだ強いシュテガー(写真は2019年世界選手権)

 

 また、シーズンの途中ではあるが、来シーズンに向けての移籍情報もチラホラ。ここ数年、着実に成長を見せているチウ・ダン(ドイツ)はグリュンヴェッターズバッハからボルシア・デュッセルドルフへと移籍。逆にボルシア・デュッセルドルフのワルサー(ドイツ)がチウ・ダンと入れ替わる形でグリュンヴェッターズバッハへの移籍が発表されている。