卓球王国 2021年1月21日発売 vol.286
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

ジュニア女子で16強決定。地元・大阪勢強し

●ジュニア女子4回戦
大藤沙月(四天王寺高) 4、8、2 浅田麻奈(岩国商業高)
吉井亜紀(就実高) −9、6、13、4 司千莉(貝塚第二中)
上澤茉央(明徳義塾中・高) 8、6、−9、4 今枝愛美(卓伸クラブ)
面田采巳(四天王寺高) 8、4、4 山脇ゆき(白子高)
原芽衣(ミキハウスJSC) 8、−8、7、7 村上宝(香ヶ丘リベルテ高)
野村光(桜丘高) −8、8、5、−9、3 仲本七虹(希望が丘高)
青井さくら(明徳義塾中・高) 3、10、−9、5 張本美和(木下グループ)
菅澤柚花里(四天王寺高) 7、3、4 立川朋佳(進徳女子高)
横井咲桜(四天王寺高) 3、12、4 伊藤七海(イトウTTC)
青木咲智(ミキハウスJSC) −9、9、5、−5、5 甲斐萌夏(愛み大瑞穂高)
由本楓羽(貝塚第二中) 4、−6、8、−10、9 枝廣愛(就実高)
赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高) 9、7、3 吉岡桜子(正智深谷高)
中森帆南(四天王寺高) 4、5、12 面手凛(山陽学園中)
上澤杏音(貝塚第二中) 9、6、4 堀江うた(ミキハウスJSC)
白山亜美(明徳義塾中・高) −11、8、10、4 山崎唯愛(明誠高)
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) 10、2、6 藤田知子(ミキハウスJSC)

ベスト16決定戦となるジュニア女子4回戦の結果は上記のとおり。
昨年度優勝の大藤を筆頭に、四天王寺高とミキハウスJSCから7名が16強に進出。また、大阪・日本生命貝塚卓球場を練習拠点とするジュニアアシスト卓球アカデミーで腕を磨く由本、赤江、上澤も16強に勝ち残り、地元・大阪勢が16人中10人を占める強さを見せている。

カットの吉岡に対し、「2ゲーム目から回転を見極めて打てるボールを強打した」という赤江がストレート勝ち

小学生時代からバックの強さとラリーでの安定感が光っていた吉井。名門・就実から唯一のベスト16

 

張本美和は明徳義塾中・高の青井に敗れ、3年連続でベスト32。この壁を破るため、「トレーニングやメンタルの向上が大事かなと思います。技術的にはレシーブの質と種類をもっと増やしていきたい」と試合後のリモート会見でコメントした。明日は一般シングルス1回戦に出場する。

張本美和のジュニアはベスト32で終了。小学6年生であることを考えれば立派な成績だが、来年はさらに上位を狙う