卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

女子4回戦、カットの小塩遥菜・橋本帆乃香が敗れる

●女子シングルス4回戦
佐藤瞳(ミキハウス) −10、−10、6、9、−8、11、8 馬場麻裕(デンソー)
芝田沙季(ミキハウス) −9、6、8、11、7 秋田佳菜子(サンリツ)
平野美宇(日本生命) 10、−9、7、5、3 木塚陽菜(済美高)
平侑里香(サンリツ) −9、6、−11、9、2、−8、8 橋本帆乃香(ミキハウス)
加藤美優(日本ペイントホールディングス) 5、8、−5、−3、−9、8、5 出雲美空(エクセディ)
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) −8、7、6、8、7 大川真実(四天王寺高)
枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大) 8、11、8、6 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)
前田美優(日本生命) 9、6、8、9 永尾尭子(サンリツ)
石川佳純(全農) 9、2、11、17 鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)

女子シングルス4回戦、石川佳純、平野美宇など優勝候補に名を連ねる選手たちは揃って5回戦に勝ち上がった。

石川はスコアは競り合うも、鈴木にストレート勝ち

平野は絶好調の木塚とのラリー戦を制した

苦しんだのはカット佐藤瞳。馬場にバックツッツキで粘られ、フォアサイドを大きく切る左腕独特のシュートドライブに手を焼いた。6ゲーム目には10−11とマッチポイントも握られたが、ベンチから大嶋雅盛監督の檄が飛ぶ中、ここをしのいで逆転勝利。

佐藤は馬場の粘りのカット打ちに苦しむも、逆転勝利

一方、同じくカットの実力者である前回3位の橋本帆乃香、そして小塩遥菜は4回戦で姿を消した。橋本は18年全日本社会人女王の平に対し、最終ゲーム7−1のリードを守り切れず。「組み合わせを見た時点で、強い選手が入ってきたなというのを感じた。できるだけの準備はしたけど実力が足りなかったのと、最後のゲームは7−1から逆転されてしまったので、気持ちの部分で大きな課題が見つかったなという感じです」と試合後に語った。勝利した平は「カット打ちは得意ではないけど、好きです。橋本さんとの対戦は5年ぶりくらい。我慢の試合でした」と試合を振り返った。

橋本、最終ゲーム7−1のリードから悔しい逆転負け

ジュニアでベスト16止まりだった小塩は、一般でも悔しい結果。「動画をすごく見て、対策を練りながらイメージしてきた」という枝廣にバックサイドを緩急をつけて攻められ、ストレート負けを喫した。時に深く、そして浅く送られる枝廣のループドライブに、得意の攻撃も不発に終わった。

小塩はまさかのストレート負け。シングルス初戦で姿を消した

関連する記事