卓球王国 2022年5月20日 発売 vol.302
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

男子シングルスで8強決定。丹羽は吉田海偉にストレート勝ち

●男子シングルス6回戦
森薗政崇(BOBSON) 6、9、−5、−7、4、9 小林広夢(愛工大名電高)
英田理志(愛媛県競対) 10、−7、8、9、9 郡山北斗(リコー)
丹羽孝希(スヴェンソン) 10、3、8、6 吉田海偉(東京アート)
田中佑汰(愛知工業大) 8、10、−1、−7、8、10 曽根翔(愛工大名電高)
吉田雅己(栃木県スポーツ協会) 6、8、−5、7、−6、−7、8 大島祐哉(木下グループ)
龍崎東寅(明治大) −11、4、8、4、−9、9 神巧也(T.T彩たま)
及川瑞基(木下グループ) −5、9、8、−9、10、8 吉村真晴(愛知ダイハツ)
張本智和(木下グループ) 5、−12、7、−10、−6、12、8 御内健太郎(シチズン時計)

●明日の準々決勝の対戦カード
森薗政崇 vs. 英田理志
丹羽孝希 vs. 田中佑汰
吉田雅己 vs. 龍崎東寅
及川瑞基 vs. 張本智和

一挙に3ラウンド進む大会第5日目の最終ラウンド、男子シングルス6回戦が終了。ベスト8が出揃った。8試合で唯一のストレート勝ちを収めたのは丹羽孝希。吉田のサービス・レシーブでの独特の間合いもどこ吹く風、吉田に後陣に下がる余裕も与えずに前陣での速攻に徹し、快勝した。他の選手にはあれほど強く、しぶとく食い下がる吉田が、丹羽に対しては不思議なほど力を封じられてしまう。

丹羽、難敵・吉田をストレートで下す

★丹羽孝希の試合後のリモート会見
「吉田さんに対しては、間合いが長いので出足でリードされると相手のペースになるけど、1ゲーム目をとってペースをつかむことができました。
初日3試合で、体力的には削られたけど、勝ち切れて良かった。3試合続くし、16時に試合、次は17時20分と言うことで体力勝負だった。年が明けてからの練習はいつもと同じだった。ここ2年はベスト8なので、明日も勝って最終日まで残りたい。明日は相手も勢いがあると思うけど、向かっていって勝っていきたい」

また、Tリーグでも活躍する実力者・及川が、吉村との中陣でのラリー戦を制して初のベスト8。「何よりも次の相手を倒すために来ました。同じクラブ出身なので、試合がしたい。自分の実力を試したい」と語るその相手は、張本智和。仙台ジュニアクラブ時代の先輩として、意地を見せられるか?

ドイツ仕込みのプロ根性、台上から後陣まで常に集中力の高い及川瑞基のプレー

英田理志(手前)、初ランクからベスト8へ躍進

前々回大会2位の大島祐哉は、吉田雅己との大打撃戦に惜敗

初ランクの小林広夢、森薗との左腕対決でも接戦を展開