卓球王国 2021年10月21日 発売 vol.295
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2021

地元・富山勢も奮闘! 富山商業&高岡龍谷が男女で学校対抗に出場

 本日行われた男女学校対抗には、地元・富山から男女2校ずつが出場。富山商業、高岡龍谷の男女が1・2回戦に挑んだ。

 富山商業は男子が1回戦を突破。甲府工業(山梨)を相手にストレートで勝利を収めて2回戦に進出。2回戦では松徳学院(島根)に敗れるも、地元開催のインターハイで1勝をあげた。富山商業女子は1回戦で尽誠学園(香川)に惜しくも敗戦。試合後は2回戦を戦う男子に声援を送った。

快勝で1回戦を突破。写真は赤尾/前山

池崎/山田のダブルスは1ゲームを奪い食らいつく

 

 集合写真を撮影する合間には「卓球王国ってどうやったら入れるんですか?」「ぼくを表紙にしてください!」と明るい雰囲気で接してくれた富山商業の選手たち。明日からは個人戦に出場するほか、審判などのスタッフとしても大会をサポートしていく。

明日からの個人戦、そしてスタッフとしての活躍にも期待してます!

 

 高岡龍谷はまず女子が1回戦に登場。年々存在感を増している龍谷大平安(京都)を相手に、エースの細川菜結が単複2勝の活躍を見せて、1回戦突破にあと1勝に迫る。同時進行の4・5番はともにフルゲームにもつれる接戦となったが、わずかに及ばず後半で2点を落とし、悔しい逆転負けとなった。

細川(手前)2勝の活躍も勝利ならず

 

 女子の借りも返したい高岡龍谷男子は鳥取敬愛(鳥取)と1回戦で対戦。1番が競り負ける中、2番で東芽生が勝利をあげるも、後に続くことができずに1-3で敗れた。試合後、長谷川龍監督に同じ富山代表の富山商業が初戦を突破したことを伝えると「悔しいですねー。ウチも勝ちたかった!」とコメント。高岡龍谷の長谷川監督は前回富山で行われた平成6年度のインターハイでシングルス3位に入賞。今回は監督という立場で地元でのインターハイを迎えたが学校対抗での勝利はならず。明日からの個人戦での活躍に期待したい。

2番で勝利の東

男女とも健闘を見せた高岡龍谷。右手は校名にちなんで「ドラゴン」です