卓球王国 2024年6月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

関西学生選手権 男子シングルスは三浦竜磨が優勝

 6月12・8日にかけて大阪府・近畿大学記念会館で開催されていた令和6年度 第93回関西学生選手権大会は全日程が終了。2日に終了した男女ダブルスに続き、男女シングルスで優勝者が決定。男子は三浦竜磨(関西学院大)が頂点に立った。(写真提供:関西学生卓球連盟/馬渡卓也・能津桂)

 

【男子シングルス】

優勝:三浦竜磨(関西学院大)

準優勝:田口義仁(同志社大)

3位:大野佑真(関西学院大)、中川泰雅(同志社大)

ベスト8:分島圭麒(関西学院大)、林一瑳(立命館大)、人見航希(関西大)、葛西啓功(関西学院大)

 

●準決勝

三浦 4、7、12、-5、6 中川

田口 7、9、10、-7、-8、-11 大野

●決勝

三浦 7、-5、6、14、10 田口

 

 男子は昨年ベスト8の三浦が初優勝。三浦は松田(近畿大)との4回戦、西田有(大阪経済法科大)との5回戦にフルゲームで勝利と苦戦しながら勝ち上がると、同志社大勢との準決勝・決勝に4-1で勝利。関西学院大はベスト8以上に4名が入り、男子ダブルスでも佐藤匠海/大野佑真が優勝と単複で活躍が光った。また、同志社大もシングルスで2人が入賞と健闘を見せた。

優勝:三浦竜磨

準優勝:田口義仁

3位:大野佑真

3位:中川泰雅

ベスト8:分島圭麒

ベスト8:林一瑳

ベスト8:人見航希

ベスト8:葛西啓功

 

★記録詳細は関西学生卓球連盟HP

関連する記事