卓球王国 グッズWEB 2022年 5月17日発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
アーカイブ

【PICK UP】ミズノ/0.1mmの世界に見出す可能性。 ミズノが切り拓く特殊素材モデルの新領域

<卓球王国2022年4月号より>

 

0.1mmの世界に見出す可能性。

ミズノが切り拓く特殊素材モデルの新領域

 

 一昨年(2020年)6月のリリースから、ヒットを飛ばしている5枚合板『アルティウス ST5』。軽量かつ弾みの良さが人気の『アルティウス』だが、この冬、弾みとボールのつかみを両立させた「アラミドカーボン」を搭載した新シリーズ3本が登場した。

 中でも、ミズノがイチオシするのは「第3の選択肢」と銘打つ『アルティウス COMBO』。『COMBO』と同時にリリースされた『アルティウス OUTER』はアウター仕様、『アルティウス INNER』はインナー仕様と、名前どおりの合板構成となっているが、『COMBO』とは何者なのか? 目指したのはズバリ、「アウターとインナーの中間」である。

 ミズノが新作ラケットを試作する中で、選手から最も多く寄せられたのが「インナーらしい、ボールをつかむ打球感で、より弾むラケットが欲しい」という声。その声に応えるべく、『COMBO』は誕生した。

 合板構成自体は、中芯の隣にアラミドカーボンを搭載したインナー仕様。同じくインナー仕様の『INNER』との差は上板からアラミドカーボンまでの距離にある。

 『INNER』が上板から1・4㎜の位置にアラミドカーボンを搭載したのに対し、『COMBO』は上板から1・2㎜の位置に搭載。わずか0・2㎜ではあるが、よりブレード表面に近い位置にアラミドカーボンを置くことで、インナーらしい打球感を損なわず、特殊素材らしい弾みがハッキリと顔を出すようになった。

 ミズノによると、『COMBO』は『INNER』と『OUTER』の中間くらいの打球感で、『OUTER』と同等の弾みを実現しているという。

 また、初代『アルティウス』の特徴であった軽さも継承。アラミドカーボンを組み込みながら、新シリーズ3本とも平均重量85gと特殊素材モデルとしては軽めの仕上がり。シンプルかつスタイリッシュなデザインのグリップは、握りやすさも考慮されている。

 0・1㎜単位の世界に可能性を見出したミズノの本気作。緻密な開発作業の先には、特殊素材モデルの新領域が広がっていた。

 

 

板厚は5.8㎜と弾みと球持ちのバランスに優れた設計。0.1㎜単位での追求が、独自の性能を生み出した

ミズノ

アルティウス COMBO

●攻撃用シェークラケット

●¥14,300(税込)

●木材5枚+アラミドカーボン2枚

●グリップ:FL・ST

●板厚:5.8㎜ 

●平均重量:85g

●ミズノ㈱ お客様相談センター

 0120・320・799

https://www.mizuno.jp/tabletennis/

 

photo >> Yoshinori Eto

text >> Takazumi Asano