卓球王国 グッズWEB 2021年 5月17日発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
アーカイブ

異質プレーの新境地を見せる令和のトリックスター

 

異質プレーの新境地を見せる令和のトリックスター

ヤサカ

トリックアンチ

 

 

ある意味、最も印象的な新製品だ。トリックアート(だまし絵)をモチーフにしたカラフルなパッケージでお目見えした『トリックアンチ』。表面が極端に滑るアンチスピンラバーは、今や極めてニッチなカテゴリー。そこに新製品を投入したのが、堅実な製品開発で知られるヤサカだというのも、ちょっとした驚きだ。

「社内で『異質ラバーで極端なものに挑戦してみたい』という意見があり、極力弾まないアンチを試作してみたところ、扱いやすくおもしろいラバーになったので、微調整を行い商品化しました」(ヤサカ・矢尾板駿さん)。

同社の『アンチパワー』より反発力の低いスポンジを採用、さらにトップシートも硬くして弾性を抑えた。こうして『トリックアンチ』は粒高のような前陣攻守向きのラバーに仕上がった。

実際に打つと、かつてない低弾性ぶりに驚かされる。一般的な粒高よりも弾まず、相手の回転を無効化できるので、ブロックは非常に安定。さらにストップの止まり具合はえげつないレベル。相手の回転を無視したフリックや流しも自由自在だ。

こう書くと画期的なレベルで有用なラバーに思えるが、弱点はやはり低弾性にある。打ってもスピードは出ず、また返球はナックルの球質にそろってしまうので、相手に狙われるともろい。

粒高、半粒、アンチなどの「変化ラバー」に共通するのは、レベルが上がるほど、そのラバー単体の変化だけでは勝てなくなるという点。特にこの『トリックアンチ』はチャンスメイク用と割り切る必要があるだろう。しかし、際立った低弾性と回転無効性能により、常識を覆す異質プレーを生み出す可能性を秘めているのは確かだ。トリッキーなプレーを求める人は、ぜひ『トリックアンチ』で前陣異質プレーの新境地を切りひらいてほしい。

 

硬度35〜40°のスポンジは、ソフトなだけでなく低弾性

 

ヤサカ

アンチスピンラバー

●¥4,400(税込)

 

 

 

 

●厚さ:特厚・中

●㈱ヤサカ  03・3634・5158

https://www.yasakajp.com/

 

photo >> Yoshinori Eto

text >> Hiromoto Takabe

<卓球王国2021年8月号より>