卓球王国 グッズWEB 2022年 5月17日発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
アーカイブ

【PICK UP】唐橋卓球/細部に宿る、用具のプロの心意気。 唐橋卓球別注『ラティカ』

<卓球王国2022年5月号より>

 

細部に宿る、用具のプロの心意気。

唐橋卓球別注『ラティカ』

 

 卓球用品専門の卸問屋を営む唐橋卓球。これまでも全国のショップ、ユーザーからの声を取り入れ、様々なオリジナル商品を企画してきたが、新作はニッタクの『ラティカ』をベースにした『ラティカNK』だ。

 『ラティカ』といえば、適度な弾みで合わせるラバーを選ばない5枚合板。唐橋卓球別注の『ラティカNK』はFLとC(中国式ペン)をラインナップしており、『ラティカ』のグリップカラーをスマートで落ち着いたブルーに変更。FLはカラー以外に『ラティカ』からサイズなどの仕様変更はないが、中国式ペンの『ラティカNK C』は初・中級者やレディースなど、パワーのない選手でも、さらに扱いやすいよう仕様変更を施している。

 合板構成は『ラティカ』と同じだが、『ラティカNK C』は、若干コンパクトで丸みのあるブレード形状を採用。これにより、『ラティカ』と比べ重心がグリップ側に寄り、ラバーの重さを感じにくく、振り抜きやすさもアップした。

 グリップも『ラティカ』より細く、丸みのある形状に変更。これは「初級者の段階では、グリップが固定されたほうが良い」という考えに基づいたもので、しっかり握ることができ、指先の力が入れやすい。中国式ペンは太めのグリップが多いが、『ラティカNK C』の細めのグリップであれば日本式ペンからの移行もしやすそうだ。

 また、『ラティカNK C』は裏面打法ユーザーにもピッタリ。コンパクトなブレードとグリップ寄りの重心のおかげで、両面にラバーを貼った際に感じる重さを緩和。丸みを帯びたグリップにより、裏面打法時のラケット面の角度調整もしやすい。細いグリップは手首も使いやすく、台上技術やチキータでの操作性も高い。

 もともと好評のモデルに、独自の視点で加えた絶妙なアクセント。そこには用具のプロたちの心意気が詰まっている。

 

板厚は5枚合板としては標準的な5.8㎜。厚めの中芯が心地良い弾みを生み出す

グリップ形状の比較。上が『ラティカ NK C』、下が『ラティカ C』

 

唐橋卓球 ラティカNK

※唐橋卓球取引店のみの限定発売

●ニッタク製

●攻撃用ラケット

●¥7,150(税込)

●木材5枚合板

●グリップ:FL・C(中国式ペン)

●板厚:5.8㎜

●ブレード:FL/158×152㎜ C/159×152㎜

●グリップ:FL/102×24㎜ C/83×23㎜

●唐橋卓球㈱卸部 0424・80・4311

 https://www.karahashi.com/

 

photo >> Yoshinori Eto

text >> Takazumi Asano