卓球王国 2024年6月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
東京五輪

東京五輪・卓球競技の最終成績はこちら

男子団体決勝の後、会場では表彰式が行われ、優勝の中国、準優勝のドイツ、そして3位の日本が表彰台で晴れやかな笑顔を見せた。

手を取り合って表彰台に上がった日本男子チーム

笑顔の銅メダルで有終の美を飾った

日本勢は出場した男女6選手がすべてメダルを獲得。伊藤美誠が「金・銀・銅」の3枚のメダルを獲得したほか、水谷隼も「金・銅」の2枚のメダルを獲得。両選手が五輪2大会で獲得したメダルは仲良く「金1・銀1・銅2」で、日本の卓球選手で獲得メダル数の最多記録となった。

東京五輪・卓球競技の各種目の最終結果は下記のとおり。東京五輪詳報は卓球王国2021年10月号(8月20日発売)に掲載。また別冊『東京五輪 卓球特集号』も8月23日に発売。お楽しみに!

〈混合ダブルス〉
優勝:水谷隼/伊藤美誠(日本)
準優勝:許シン/劉詩ウェン(中国)
3位:林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

〈女子シングルス〉
優勝:陳夢(中国)
準優勝:孫穎莎(中国)
3位:伊藤美誠(日本)

〈男子シングルス〉
優勝:馬龍(中国)
準優勝:樊振東(中国)
3位:ディミトリ・オフチャロフ(ドイツ)

〈女子団体〉
優勝:中国
準優勝:日本
3位:香港

〈男子団体〉
優勝:中国
準優勝:ドイツ
3位:日本

男子団体銀メダルのドイツチーム

中国はチーム全員で記念撮影。混合ダブルスで金メダルを逃したが、その後に見せた強さはやはり圧巻だった

男子団体表彰式で3枚の国旗が掲げられた

東京五輪速報

関連する記事