卓球王国 2021年11月20日 発売 vol.296
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

男子ヨーロッパカップはポントワーズが頂点に

 先日行われた女子に続き、男子ヨーロッパカップのファイナルラウンドがクロアチア・バラジュディンで行われ、ポントワーズ(フランス)が優勝を飾った。女子でもフランスのサン=ドニ93が頂点に立ち、男女揃ってフランス勢がタイトル獲得となった。(写真提供:ETTU)

 

【2020-2021 男子ヨーロッパカップ】

●準決勝(第5ゲームは6点先取制)

〈ポントワーズ(フランス) 3-1 ミュールハウゼン(ドイツ)〉

○Q.ロビノ 7、6、9 Da.ハベソーン

○バウム 9、7、-5、-12、5 メンゲル

 マテネ -7、-6、-9 イオネスク○

○バウム -6、3、10、4 Da.ハベソーン

 

〈ウォルターヴェルス(オーストリア) 3-0 トップスピン・メッシーナ(イタリア)〉

○コジッチ 12、-6、5、-8、0 ランドリエ

○レベンコ -6、-6、5、13、5 モンテイロ

○シューディ 9、-8、-8、9、4 ピッコリン

 

●決勝

〈ポントワーズ 3-1 ウォルターヴェルス〉

○Q.ロビノ 10、-10、9、7 コジッチ

 バウム 10、-5、5、-9、-5 レベンコ○

○マテネ 12、10、-3、-10、5 シューディ

○バウム 7、7、9 コジッチ

初めてヨーロッパカップのタイトルを手にしたポントワーズ

 

 過去2度のヨーロッパチャンピオンズリーグ優勝を誇るポントワーズは、ヨーロッパカップでは初優勝。準決勝では優勝候補のミュールハウゼンと対戦したが、元ヨーロッパ選手権ファイナリストのバウム(ドイツ)が2得点の活躍で決勝進出を決めた。決勝では3番でマテネ(フランス)が競り勝って王手をかけると、最後もバウムが決勝点をあげて、ポントワーズが頂点に立った。バウムは今シーズン限りでポントワーズを去り、ドイツ・ブンデスリーガへ復帰することが決まっており、チームに最高の置き土産を残した。

準決勝で2得点、決勝でも優勝を決める勝利をあげたバウム

ちなみに現在49歳のコルベルもTTCオストラヴァ(チェコ)から出場してました