卓球王国 2024年6月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
東京五輪

伊藤が別人のような完璧なプレー。日本ペアが決勝に進出し、銀メダル以上が確定!!

●混合ダブルス準決勝

許昕/劉詩ウェン(中国) 5、6、10、7 ルベッソン/ユエン・ジアナン(フランス)

 

水谷隼/伊藤美誠(日本) 9、−6、9、6、6 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

 

午前中に行われた準々決勝でドイツペアを大逆転で下した水谷隼/伊藤美誠(日本)。この試合では伊藤に硬さが見られ、本来のプレーが出せずにいたが、水谷が底力を見せて伊藤を引っ張った。

準決勝では伊藤が本来のプレーを見せて、多彩なサービスとレシーブでタイペイペアに的を絞らせない。ドライブの打ち合いになっても伊藤が決めるなど、伊藤が主導権を握り、水谷がコースや回転のバリエーションでチャンスを作るという、日本ペアの本来の戦い方ができていた。

 

1ゲーム目、10−9で日本ペアリードの場面で林昀儒がレシーブでチキータをミス。3ゲーム目も10−9で林昀儒がチキータでレシーブミス。この2つのゲームを相手のミスで取れたことは大きかった。

しかし、なんと言ってもこの試合を勝利に導いたのは伊藤だ。試合後に水谷が「彼女(伊藤)のプレーが素晴らしく、最後は彼女に託した」と言うように、最初から最後まで伊藤がゲームを支配していた。

 

明日の決勝の相手は許昕/劉詩ウェン(中国)。ここまで完璧な試合を見せている中国ペアに対して、日本ペアがどのような戦いを見せるのか。

水谷/伊藤が初の混合ダブルス金メダリストに輝くか。決戦の火蓋は明日21時に切られる。

東京五輪速報

関連する記事