卓球王国 2021年9月21日 発売 vol.294
バックナンバー 定期購読のお申し込み
東京五輪

フランス、中国に敗れるもファンタジスタ・ゴーズィが魅せた!

 男子準々決勝2試合目に中国が登場。フランスを相手にストレートで勝利を収めたが、2番で樊振東を追い詰めたゴーズィの活躍が光った。

●男子準々決勝

【中国 3-0 フランス】

○馬龍/許昕 6、5、7 カッサン/ルベッソン

○樊振東 -10、10、-8、5、7 ゴーズィ

○許昕 8、5、6 ルベッソン

 1番のダブルスはフランスペアが随所で好ラリーを見せるが、打っても打っても中国ペアが対応。左右からの連打を跳ね返し続けた中国がストレートで勝利を収めた。

 ダブルスが敗れたフランスだが、ファンタジスタ・ゴーズィが魅せた。中陣からの両ハンドドライブで樊振東を押し込み、ロビングからの逆襲にカウンター、横回転を駆使したトリッキーなプレーで得点を重ねる。ゴーズィもゲームカウントを2-1とリードしたが樊振東もこのまま引き下がらず、第4ゲームを奪取。最終ゲームは樊振東がリードして試合が進み、最後までゴーズィも引き下がらなかったが最後はバックドライブが台のサイドを越えてゲームセット。惜しくも中国から勝利はならなかったが両者気迫満点でぶつかり合った好ゲームだった。

ゴーズィ(背中)、樊振東のスマッシュをロビングで何本もしのぐ

樊振東を追い詰め、中国をヒヤリとさせた

 王手をかけられたフランス、何とか食らいつきたいところだったが、3番のサウスポー対決は許昕がルベッソンの速攻連打を封じて中国が準決勝進出を決めた。中国の準決勝の相手は韓国となっている。

許シンがルベッソンとの左腕対決に完勝し、中国の勝利を決めた

樊振東、苦しみながらも勝利して2点起用の責任を果たした

東京五輪速報