卓球王国 2021年11月20日 発売 vol.296
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2021

【世界卓球】中国&アメリカの国際ペア、2組とも快勝で2回戦進出

日本の皆さん、おはようございます。ヒューストン はただいま17時30分。大会初日の今日も、18時からのセッション3を残すのみ。男女シングルス、混合ダブルスが怒涛の勢いで進んでいる。

 大会直前にエントリー変更となった中国とアメリカの国際ペア2組が混合ダブルス1回戦に登場。ともに点数は競り合いながらもストレートで初戦突破を決めた。

 

◆混合ダブルス1回戦

ジャー/王曼昱(アメリカ/中国) 3-0 シドレンコ/タイラコワ(ロシア)

林高遠/リリー・チャン(中国/アメリカ) 3-0 アポロニア/シャオ・ジエニ(ポルトガル)

 

 ジャー/王曼昱は2ゲーム目にゲームポイントを奪われながらもジュースの末に2-0と王手をかけると、3ゲーム目はスタートからのリードを守って快勝。男子選手ばりのボールを放つ王曼昱と手堅い攻守のジャーのコンビは男子選手同士のペアのようなバランス。1回戦では王曼昱が決め役に回る場面も度々見られた。

男勝りの王曼昱がジャーを引っ張る

 

 実力あるポルトガルペアと対戦した林高遠/リリー・チャンは林高遠がレシーブから積極艇にチキータで仕掛けてリリー・チャンをリード。リリー・チャンも林高遠の攻めのスピード感についていき、1ゲーム目を奪い、2ゲーム目は9-9から10-9となったところで林高遠がタイムアウト。次の1本をきっちり決めて2ゲームを連取すると、3ゲーム目は集中力を欠いたポルトガルペアを突き放して2回戦へ駒を進めた。

積極的にバックで仕掛けた林高遠

 

 2回戦はともに強豪ペアが相手。ジャー/王曼昱は前回大会ベスト8で国際大会でも実績のあるピスチェイ/バラゾバ(スロバキア)、林高遠/リリー・チャンは現ヨーロッパ王者のチウ・ダン/ミッテルハム(ドイツ)と対戦する。