卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2021

【世界卓球】張本/早田がゲームオールで勝利、決勝進出!

●混合ダブルス準決勝
張本智和/早田ひな 9、1、−6、−8、2 林高遠/リリー・チャン(中国/アメリカ)
王楚欽/孫穎莎 8、−7、7、9 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

混合ダブルス準決勝、張本/早田ペアが決勝進出を決めた!
対戦相手は中国とアメリカによる「ピンポン外交50周年ペア」、林高遠とリリー・チャン。「対戦相手もここまで勝ち上がってくるからには調子が良い。出足からとにかく攻めていこうという気持ちで入りました」と試合後の会場インタビューで語った張本。バックサイドのボールを判断よく回り込み、放つパワードライブと後陣からのバックのスーパーカウンターを連発し、序盤からエンジン全開。早田がうまくつないで張本に回し、見事なアシストを見せる。

3ゲーム目から林高遠のバックハンドに当たりが出始め、ゲームオールに持ち込まれた張本/早田だが、後ろに下がると苦しいリリー・チャンに強打を浴びせ、最終ゲームは5-0、10−1と一気に突き放して11−2で決着をつけた。「個人戦は3大会目で初めてメダルを獲れてうれしい。ここまで来たら早田さんと金を獲りたい」と張本。早田は決勝に向け、「お互い勢いのあるペアなので、思い切って試合を楽しんで頑張りたい」と抱負を語った。

対戦相手は林昀儒/鄭怡静との打ち合いを制した王楚欽/孫穎莎。中国の混合ダブルスの若きエースペアだ。孫穎莎は後ろに下がっても両ハンドで威力あるボールを打ち返してくるので、粘られた場面でもしっかり打ち切りたい。

張本のパワードライブが炸裂した張本/早田ペア

林高遠/リリー・チャンは準決勝敗退も、記念すべき銅メダル獲得

張本/早田と決勝で対戦する王楚欽/孫穎莎(中国)

林昀儒/鄭怡静は好ゲームを見せるも中国ペアに及ばず

関連する記事