卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2021

【世界卓球】中国は5人全員がベスト8。「日・中・韓」で女子単ベスト8を独占

●女子シングルス4回戦
石川佳純 6、9、8、8 スッチ(ルーマニア)
伊藤美誠 9、−9、8、−8、10、10 Su.サウェータブット(タイ)
徐孝元(韓国) 9、9、−10、9、9 杜凱琹(香港)
王曼昱(中国) 5、−9、7、4、5 ユエン・ジアナン(フランス)
王芸迪(中国) 4、6、−13、6、−18、5 早田ひな
陳幸同(中国) 6、−11、6、5、2 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
陳夢(中国) 10、−13、−8、8、7、−11、5 平野美宇
孫穎莎(中国) 4、8、8、−9、−9、4 A.ディアス(プエルトリコ)

★明日の準々決勝の対戦カード
陳夢(中国) vs. 石川佳純
陳幸同(中国) vs. 王曼昱(中国)
伊藤美誠 vs. 王芸迪(中国)
徐孝元(韓国) vs. 孫穎莎(中国)

女子シングルス4回戦の結果と、明日の準々決勝の対戦カードは上記のとおり。大会第4日目は長い長い1日だった。最終戦の孫穎莎とA.ディアスの一戦が終了した時、時刻は23時55分。日付がもうすぐ変わろうとしていた。それでも多くの観客が残り、ふたりに声援を送っていた。ボールパーソンのボーイズ&ガールズも、遅くまで本当にお疲れさま。ちょっと眠そうでした。

日本勢では石川と伊藤がベスト8進出を果たしたが、残る6人の「クオーターファイナリスト」は中国から5人、韓国から1人。アジアの「日・中・韓」でベスト8を占める形となったが、出場した5人が勝ち残っている中国はさすがに強い。一方で、平野が陳夢を、早田が王芸迪を追い詰めた日本女子もやはり強い。詳報は12月発売号でしっかりお伝えします。

陳夢が平野を破った瞬間。本当に素晴らしいゲームだった

男子に比べると、日本勢以外の試合は接戦が少なかった女子の4回戦。トリを飾るに相応しい盛り上がりを見せたのは、孫穎莎対A.ディアス。中陣カウンターが冴えた孫穎莎が3ゲームを連取したが、そこからA.ディアスが変幻自在のフォアサービスと強烈なバックプッシュで2ゲームを挽回。会場の孫穎莎応援団をヒヤリとさせた。男子のモーレゴードもそうだったが、硬質で回転量の落ちた現在のプラスチックボールでは、バックで弾き打つプッシュ打法が決定打になりうる。多少のボールの変化は苦にしない孫穎莎が、ディアスのバックプッシュは何本もネットにかけていた。

金属音を放つA.ディアスのバックプッシュは強烈だった

観客席には孫穎莎の親衛隊の姿も。中国から来たとしたらすごい根性だが……。明日聞いてみましょう

王曼昱は順当に準々決勝に勝ち上がってきた

王曼昱と対戦する陳幸同。世界戦のシングルスは初出場だが、冷静なプレーを貫く

準々決勝で石川が陳夢、伊藤が王芸迪と対戦する日本。石川は2019年のオーストリアオープンで陳夢を4−3、伊藤は2020年のITTFファイナルで王芸迪を4−3で破っている。通算成績では相手が上だが、チャンスは十分にある。1台きりのメインコートで行われる一戦は、大いに盛り上がるだろう。

関連する記事