卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2021

【世界卓球】早田ひな、惜しくも敗退。石川、伊藤はベスト8に進出

世界卓球選手権ヒューストン大会・個人戦(11月23~29日・アメリカ・ヒューストン)
大会4日目

男女シングルス4回戦が行われており、現地では熱い試合が続いている。日本チームは女子4選手が4回戦に進出。石川佳純はスッチにストレートで勝利、伊藤美誠はタイのサウェータブットに4-2で勝利し、ともに準々決勝へ駒を進めた。

 

日本選手3人目の登場となった早田ひなは、中国の王芸迪に2-4で惜敗したが、会場をわかせた。
この試合のハイライトとなった第5ゲームは、手に汗を握る展開となった。出足はポイントを奪えぬまま早田0-6王、その後、早田3-9王となり万事休すかと思われたが、そこから早田が反撃開始。非常に冴えたプレーで7連続ポイントを奪い10-9と逆転。その後も手に汗握る一進一退の攻防が続き、20-18で早田がゲームを奪い、ゲームカウント2-3と王に食らいついた。しかし、第6ゲームは早田5-4王から王が7連続ポイントをあげ、早田は惜しくもベスト16で敗退となった。

 

●女子シングルス4回戦
石川佳純 6、9、8、8 スッチ(ルーマニア)
伊藤美誠 9、-9、8、-8、10、10 Su.サウェータブット(タイ)
王芸迪(中国) 4、6、-13、6、-18、5 早田ひな

 

3戦連続ストレート勝利で準々決勝に駒を進めた石川佳純

 

Su.サウェータブットを下した伊藤美誠

 

王芸迪に食らいついた早田ひな

関連する記事