卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2021

【世界卓球】苦戦を乗り切った若武者ペア、宇田/戸上の快挙

●男子ダブルス準々決勝
宇田幸矢/戸上隼輔 10、−10、10、5 ピッチフォード/ドリンコール(イングランド)
林高遠/梁靖崑(中国) 8、4、−12、−8、9 チウ・ダン/ドゥダ(ドイツ)
張禹珍/林鐘勲(韓国) −4、11、4、5 黄鎮廷/何釣傑(香港)
K.カールソン/ファルク(スウェーデン) −8、8、−11、7、5 樊振東/王楚欽(中国)

★準決勝の対戦カード
林高遠/梁靖崑 vs. K.カールソン/ファルク
戸上隼輔/宇田幸矢 vs. 張禹珍/林鐘勲

男子ダブルス準々決勝に登場した宇田/戸上は、経験豊富なイングランドのエースペアとの対戦。1ゲーム目をジュースで奪うも、2ゲーム目は10−5から宇田/戸上にミスが続き、7点連取で逆転を許す苦しい展開。ラリー戦では宇田が戸上をうまくアシストし、戸上の強打が次々に決まったが、ピッチフォードのチキータとドリンコールのストレートへのカウンターは強烈だった。

宇田/戸上とも一発で決まるチキータがありながら、チキータのモーションから織り交ぜるストップやツッツキも非常に巧み。チキータを警戒する相手は、なかなか3球目で先手が取れない。決して勢いだけではない強さを見せ、日本にこの若武者ペアありと、改めて印象づける一戦だった。明日は韓国ペアとの「強打対決」だ。

戸上(右)のパワードライブは後陣からでも決まる威力がある

強打と意外性が持ち味のピッチフォード(左)/ドリンコールは強かった

〈試合後の宇田/戸上のコメント〉
●宇田「今大会のひとつ目の目標がメダルだったので、達成できてよかったです。でも試合はまだまだ続くので、しっかり準備していきたい。苦しい試合だったので、お互いよく我慢したなと思います。戸上はかなりボールも速いですし、しっかり打てればどの選手に対しても決められる。そこをぼくがしっかりアシストできれば、という試合でした」

●戸上「メダルをとれてホッとしているんですけど、決勝まではいけると思っています。今日は本当に苦しい試合だったし、よく勝ち切れたなと思います。ラリーになるとこちらのほうが上手(うわて)だと感じていたので、ストップ対ストップでは自分たちから早く仕掛けることを考えていました」

関連する記事