卓球王国 2021年11月20日 発売 vol.296
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2021

世界選手権の男子組み合わせが決定!! 第2シードの張本側は中国選手が1人だけ

世界選手権ヒューストン大会(個人戦)の男女シングルスのドロー(組み合わせ)が決まった。まずは男子シングルスから紹介しよう。

 

男子シングルスは128名が出場。ベスト32の組み合わせを見ると、第1シード側に中国選手4人が固まった。そして残りの1人である周啓豪(中国)はボル(ドイツ)の下に入った。

第2シードの張本智和(日本)は順調に勝ち進めば準々決勝でボルか周啓豪の勝者と対戦か。しかし、周啓豪は初出場で不安定。また、張本もカットのフィルス(ドイツ)、李尚洙(韓国)など強者がいるだけに一戦一戦気を抜くことはできない。

世界選手権で初のメダルを狙う張本智和