卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2021

【世界卓球】サイバーシェイプの使い手、19歳のモーレゴード、再び激戦を制してベスト16入り!!

昨日の男子シングルス2回戦で、格上の荘智淵(チャイニーズタイペイ)をフルゲームの激戦で破ったモーレゴード(スウェーデン)が、3回戦でフランチスカ(ドイツ)をゲームオールジュースで下し、ベスト16入りを決めた。

 

2回戦で荘智淵を4−3で下したモーレゴード

 

●男子シングルス3回戦

モーレゴード −3、7、8、6、−9、−10、11 フランチスカ

 

卓球王国では2019年11月号でモーレゴードの技術特集とインタビューを行っているが、その時はまだ少年の雰囲気があり、体の線も弱かった。19歳になったモーレゴードは身体が一回り大きくなり、フォアドライブなど打球の威力が向上。今大会でも強豪相手にドライブで打ち負けない強さを見せている。

何をするか想像がつかない「トリッキーなプレー」が特長のモーレゴードだが、その長所を消さずに「正統なプレー」のレベルが上ってきていることで、急速に力をつけてきている。物怖じしない性格で、勝負度胸も強い。ベスト8入りをかけた4回戦では韓国の林鐘勲と対戦するが、この試合に勝てば表彰台も見えてくる。

 

プレーだけではなく、ラケットも注目されている

 

スティガの契約選手であるモーレゴードは、話題の『サイバーシェイプ』を使用。それにも注目が集まっている。

『サイバーシェイプ』日本での発売は12月上旬だ

 

関連する記事