卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2021

【世界卓球】カルデラノはメダルを逃す。女子のベスト4は中国が占める

男女シングルス準々決勝、後半4試合が終了。

中国の同士討ちとなった樊振東vs. 林高遠戦は、第1ゲームを林が奪うも第2ゲームから樊が4ゲームを連取し準決勝進出を決めた。

梁靖崑(中国)vs. カルデラノ(ブラジル)戦は、カルデラノがスタートダッシュを決め、3ゲームを連取。勝利まであと1ゲームとしたが、後がない梁がここから奮起。第4ゲームから4ゲームを連取し勝利をつかんだ。梁を追い詰めたカルデラノだったが、あと一歩及ばず。中国の壁を破る難しさを痛感させられた一戦となった。

明日の男子準決勝は樊振東 vs. 梁靖崑、モーレゴードvs. ボルの対決となる。

 

●男子シングルス準々決勝

樊振東(中国) −8、7、5、8、9 林高遠(中国)

梁靖崑(中国) −8、−12、−8、8、4、8、8 カルデラノ(ブラジル)

 

女子は孫穎莎(中国)がカットの徐孝元(韓国)をパワーでシャットアウト。これで女子のベスト4は中国選手が占めることが決まり、明日の準決勝で孫は伊藤を破った王芸迪(中国)との対戦となる。

中国対決となった王曼昱 vs.陳幸同戦も一方的な試合となり、王が3ゲームを先取。第4ゲームは陳がリードしたものの、王が追いつき逆転で勝利し、ストレートで準決勝進出を決めた。準決勝は陳夢との対戦となる。

 

●女子シングルス準々決勝

孫穎莎(中国) 9、4、4、7 徐孝元(韓国)

王曼昱(中国) 9、7、1、11 陳幸同(中国)

関連する記事