卓球王国 2021年11月20日 発売 vol.296
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2021

世界選手権の女子シングルス組み合わせ。伊藤美誠のパートに早田ひなと王芸迪が入る

続いては女子シングルスのドロー(組み合わせ)を紹介。ベスト32の組み合わせは以下の通り。

東京五輪で銅メダルを獲得し、今大会でもメダルが期待されている伊藤美誠(日本)のパートには、早田ひな(日本)と王芸迪(中国)が入った。石川佳純(日本)と平野美宇(日本)は第1シードの陳夢(中国)のパートに入る。

女子シングルスは男子シングルスとは対照的に中国選手が4つのパートに分かれて入っている。日本はもとより、他国にとっても中国選手を倒さないとメダル獲得が難しいドローになったと言えるだろう。

 

中国選手へのリベンジを誓う伊藤美誠