卓球王国 2024年3月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2024

世界卓球2024、女子団体第2ステージの組み合わせが決まる

韓国の釜山で開催されている世界卓球2024。第1ステージを勝ち抜いたチームによる第2ステージの組み合わせ(ドロー)が先ほど行われた。

組み合わせは第1、第2、第3、第4シードの外シードが配置されてから、中シードにあたるベスト8シードのチームから順番にカードを引いていく。カードにはそれぞれ番号が印字されていて、その数字に従って順々に配置されていく。

ベスト8シードのチームで最初にカードを引いたのは地元の韓国。日本での指導歴も長く、馴染の深い呉光憲監督が引いたカードは……「8」。順当に勝ち上がればメダル決定戦となる準々決勝で中国と対戦する位置に入った。番号を見た瞬間に「あっ」と口ずさんでしまった呉監督。準々決勝に勝ち上がり、中国にどこまで迫ることができるのか。注目したい。

 

1番初めにカードを引いた韓国の呉監督。数字を確認後は苦笑い

 

第2シードの日本は2回戦から登場になり、マレーシアとクロアチアの勝利チームと対戦。それに勝つと準々決勝でルーマニア、チリ、エジプトから上がってくるチームと対戦になる。準決勝はチャイニーズタイペイか香港のどちらかが有力だが、実力のあるシンガポール、中国を苦しめたインドもいるので、混戦が予想される。

 

組み合わせは大型モニタに映し出された

★世界卓球2024 現地リポート特設ページはこちら

関連する記事