卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

男子シングルスが5回戦まで終了。「名電5・野田3」で2校が8強独占

上写真:高橋(実践学園)を破ってベスト8進出を決めた芝拓人

●男子シングルス5回戦
吉山僚一(愛工大名電) ー10、4、8、8 木塚陽斗(明豊)
徳田幹太(野田学園) 9、6、9 前出陸杜(高田)
萩原啓至(愛工大名電) 2、4、ー10、5 高橋慶太(育英)
三木隼(野田学園) 12、9、3 薛大斗(遊学館)
鈴木颯(愛工大名電) 7、5、8 山下慧(育英)
中村煌和(愛工大名電) ー8、4、ー9、8、8 加藤公輝(明徳義塾)
坂井雄飛(愛工大名電) 7、10、9 関友喜(開志国際)
芝拓人(野田学園) 7、6、ー2、5 高橋航太郎(実践学園)

大会4日目は午前中に男子シングルスの3〜5回戦が終了。ベスト8決定の5回戦の結果は上記のとおりとなった。愛工大名電から5人、野田学園から3人がベスト8に入り、この2校でベスト8を独占。改めてその強さを見せつけた。

野田学園の主力である飯村悠太が、4回戦で加藤(明徳義塾)にゲームオールで敗戦。加藤は中村(愛工大名電)からもゲームカウント2ー1とリードを奪ったものの、中村が逆転勝ちし、名電で5人目のベスト8入りを決めている。

全日本ジュニア王者の吉山は3回戦でゲームオールまで競ったが、要所を締めて8強入り

 

関連する記事