卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

ツインエースと戦い抜いた明誠。4強を目前に散るも、岸監督は「誰も責める子はいない」

女子学校対抗準々決勝、4試合中3試合が3ー0で決着する中、2-2ラストの最終ゲームまでもつれた、進徳女子と明誠の中国勢対決。6月の中国大会では明誠が優勝しているが、進徳女子が準決勝で山陽学園に1ー3で敗れたため、両校の対決は実現しなかった。フロアにただ1台残った5番・藤原優(進徳女子)と直江杏(明誠)の一戦は、両選手の緊張感が伝わってきて、胸が締め付けられるようだった。

明誠の確実な得点源は、昨年の富山インターハイで女子ダブルス3位となった山﨑唯愛と直江杏の左腕ダブルス。山﨑は抜群のボールセンスで上回転系のラリーに滅法強く、バック表ソフトの直江は多彩なサービスと冷静なコース取りで得点を重ねる。進徳女子戦も、前半の山﨑のシングルスとダブルスで、確実に2点を挙げたところまでは計算どおりだった。

上回転系のラリーに強く、機を見て強烈なフォア強打を叩き込む山﨑

4番の木山この実は、工藤真桜(進徳女子)の打球点の高いフォア強打に敗れたものの、5番直江はゲームカウント1ー2の3ー8という絶体絶命のピンチから7点連取などで11ー9と逆転。最終ゲームも7ー5とリードを奪った。しかし、ここから対戦相手の藤原が6点連取でゲームセット。小学生時代(フェニックス卓球クラブ)から全国優勝を経験するなど、経験豊富な直江だが、プレーがやや守りに入りがちだったのは、3年生としての責任感ゆえか。

岸監督の信頼に応え、進徳女子戦の5番ラストで奮闘した直江

ラスト直江に応援の拍手を送る明誠ベンチ。右から3番目が岸監督

小学校を卒業後、中学時代は明誠U15、そして明誠高校と6年間プレーしてきた山﨑と直江。集大成の今大会、ベスト4まであと一歩と迫りながら敗れた悔しさを、明日以降の個人戦に向けてのバネにしたい。

「今年は山﨑と直江のチームでした。彼女たちがうちを選んでくれて、6年間見させてもらってここまで来られたし、ダブルスでも良い結果を出してくれて、本当にあのふたりに助けられてここまで来た。選手たちは本当によくやったと思うし、最後の直江の試合にしても誰も責める子はいないはず。あの子たちで負けたらしょうがないですから。これから卓球を続けていくうえで、今回の経験が次のステージに挑戦していくうえでの糧になるんじゃないかと思います」(明誠・岸卓臣監督)

準々決勝の終了後、観客席の応援団に一礼する明誠のメンバー

関連する記事